お酒に酔うと出る症状の目がまわる頭痛などから早く回復する方法は?

%e9%85%92%e3%81%ab%e9%85%94%e3%81%86

%e9%85%92%e3%81%ab%e9%85%94%e3%81%86
お酒を飲んで酔うと出る症状にめまいや頭痛があります。

楽しくお酒を飲みたいのに、そんな症状が出てしまったら楽しむどころではありませんし、ときに危険を伴う場合もあります。

なので、お酒に酔った時に出るそれらの症状を早く回復させる方法を知っておいた方がいいですよね。

今回は、お酒で酔った時に出る症状はなぜ起きるのか、また、有効な対処法と予防法について見ていきたいと思います。

【スポンサードリンク】

お酒に酔う時に出る症状の対処法について!そもそもお酒に酔うと目が回るのはなぜ?

お酒を飲んでいて気分が悪くなり、吐き気やめまいがすることがあります。

目の前が真っ暗になり倒れそうになったりする原因の多くは脳貧血です。

脳貧血とは鉄分が関係する貧血とは違い、血圧の変化により症状が起こるものです。

では、お酒と脳貧血はどのような関係があるのでしょうか?

アルコールは血管を拡張させる働きをします。

拡張することにより過剰に血流が巡り、特に脳に血液が多量に流れ込みます。

しかし、体内でアルコールが分解され始めると血管が収縮し、血流がおさまるのです。

その時に、脳の血液が一気に引いてしまい、脳に十分な血液が流れなくなることによりめまいが起きるのです。

脳貧血が起こった時の対処法は?

脳貧血自体は一時的な症状ですが、それによって転倒した場合に危険です。

ふらっとしたら、頭を低くした姿勢で横になり、衣服を緩めて血流を良くします。

スポーツドリンクなどで水分を補給してゆっくりしましょう。

お酒を飲むと頭痛がするのはなぜ?

お酒を飲んで起こる症状で一番悩まされるのは頭痛ではないでしょうか?

お酒を飲んだ時の起る頭痛には、二日酔いになった時に起こる頭痛と、アルコールを摂取することですぐに起こる頭痛があります。

お酒を飲んだことで起こる頭痛とは、アルコールを体から排除しようと血管が膨張するために起こる症状です。

お酒に弱い人ほど、体内からアルコールを排除する働きが強く、膨張した血管が神経を圧迫して頭痛がひどくなります。

時間がたって起こる頭痛(二日酔いなども含みます)は、アルコールが分解されて体内にアセトアルデヒドが発生したためです。

アセトアルデヒドは二日酔いの原因になる物質で、体に有害なものです。

体は有害なものを排除しようとして血管が膨張します。

それで先ほどのアルコールで起きる頭痛と同じく、神経を圧迫して頭痛が起こるのです。

アルコール自体で頭痛が起こるのと時間が経ってから起こる頭痛の違いは体内にアセトアルデヒドが発生しているか否かの違いです。

【スポンサードリンク】

頭痛を早く治す方法は?

ズキンズキンと痛む頭痛は早く治したいものです。

お酒によって起こる頭痛は血管の膨張が原因なので、血管を収縮させることで回復を図ります。

まずは、ズキンズキンと痛む個所を冷やすことで、血管を収縮させます。

気持ちいいと感じる冷たさに調整して氷嚢や保冷剤をあててください。

カフェインを摂るのも有効です。

カフェインには血管を収縮させる効果があるので、コーヒーやお茶、コーラなどを飲むとよいでしょう。

ただし、カフェインには利尿作用があり、脱水に注意しましょう。

カフェインを取りつつ、スポーツドリンクなどで水分も補いましょう。

吐き気があり、コーヒーやお茶を受け付けないときは頭痛に効くツボを押す方法もあります。

耳の後ろにある完骨や、万能のツボといわれる頭のてっぺんにある百会、完骨の下の方にある天容など、

日ごろから把握しておくとよいでしょう。

頭痛がするときは暗い部屋で出来るだけ音を遮断して、ゆっくりやすむことで症状が落ち着きます。

めまいや頭痛が起こらないように予防することが肝心です

脳貧血はお酒を飲んだことで一時的に起きる場合がありますが、普段から脳貧血を起こす人は、

病院できちんと診察を受けて原因を調べた方がよいでしょう。

ストレスやその日の体調で起きることもあるので、体調が悪い時はお酒を飲まないようにしましょう。

お酒を飲んだ後、ミネラルウォーターや水道水を飲むシーンをテレビなどで見ていて、お酒を飲み過ぎたら水!というのが常識だと思っていましたが、

一番いいのは水分が体内に吸収されやすいスポーツドリンクです。

適度な糖分も摂れるので常備しておくと便利です。

お酒を飲みながら水分も摂るのが上手な飲み方です。

シジミの味噌汁やウコンがいいと言われるのも理由があります。

シジミの味噌汁にはアミノ酸が含まれていて酵素の働きを活性化させウコンは肝臓の働きを活発にし、アルコールの分解を促します。

水分を十分にとりつつ、体内から一刻も早くアルコールやアセトアルデヒドを排出させることで、めまいや頭痛の症状を防いだり、早く回復させたりします。

コミュニケーションのためにお酒を飲む機会も多々あると思います。

そんな時に少しでもお酒で起こる体の不調から回復する知識があれば安心です。

最後までお読みいただきありがとうございました。この記事が皆様の生活のお役に立てれば幸いです。

【スポンサードリンク】

他にもお酒に関する記事は
お酒で顔が赤くなるのを改善するには?お酒に強い人弱い人の特徴とおすすめの飲み方
がありますのでご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です