朝シャワーと夜風呂の両方のメリットとデメリットとは?

73973ba605092026edd21eaca68bf9f5_s

朝シャワー・夜風呂、あなたはどちら派ですか?

毎日がいっぱいいっぱいの生活で、夜は疲れ果てお風呂にも入らず眠りについてしまう・・・

そうなると当然、朝シャワーになってしまいますね!

朝シャワーと夜風呂、両方比べたら果たして私たちのからだにどちらが良いのでしょう?

朝シャワーと夜風呂それぞれ両方のメリット、デメリットを考えてみたいと思います。

【スポンサードリンク】

朝シャワー・夜風呂両方比べたらどちらがいい?朝シャワーのメリットデメリット

朝シャワーをすると頭も体もすっきりして、一日頑張るぞ!!という気持ちになれますね。

私たちは寝ている間に1.5ℓほどの汗をかいているといいます。

余分な皮脂や汗が体臭の原因となるので、朝シャワーで流すことは一日を気持ち良く過ごすためのメリットであるといえます。

人間の脳には自律神経というものがありますが、この自律神経は交感神経と副交感神経にわかれます。

交感神経はお昼の活動時に働き、副交感神経は夜、安静な時に働くものですが、朝シャワーをすると交感神経が刺激されるのです。

結果、血圧が上がって目覚めることができ、ストレスによって乱れた自律神経は整えられます!

また、朝シャワーにより体温が上がると免疫機能もアップして、血行が良くなると代謝も良くなるため痩せやすい体を作るとも言われています。
(ダイエットにも効果がありそうですね)

朝シャワーには良いことがたくさんに感じられますが、その後の外出を考えると、紫外線による影響を受けやすくなるのがデメリットです。

シャンプーすることで、汚れと共に皮脂膜である庇護膜が洗い流され紫外線の影響を受けやすくなり、薄毛や抜け毛の原因になってしまいます・・。

【スポンサードリンク】

 

夜風呂のメリットデメリット

夜風呂は湯船に浸かるということが、最大のメリットですよね!

湯船に浸かりからだを温めることで、血管が広がり血行が良くなり、新陳代謝も活発になるため、体内の疲労物質や老廃物が排出されやすくなります。

不要なものがなくなるので、疲労回復や美肌の健康にもつながります。

湯船でストレッチやマッサージをするのも良いですね!

また、朝シャワーとは逆に副交感神経が刺激されるのでリラックス効果あり、その後の睡眠の質がグーッと上がります。

お風呂から上がって体温が下がるときに、眠気がやってくるそうですよ!(このタイミングで寝るのがベストです)

夜風呂のデメリットは特にありませんが、高温(42℃以上)の湯船に浸かると交感神経が働いてまい、睡眠から遠のいてしまうので注意しましょう。

 

朝シャワーと夜風呂の両方はどうなの?

どちらにもメリットがあるので、両方という選択は
特に問題はありません!!

ただし、先ほど朝シャワーのデメリットにもあったように、シャンプーは夜だけにしておきたいですね。

「夜風呂でリラックスして質の良い、しっかりとした睡眠をとり、朝目ざめた時に朝シャワーで交感神経を刺激させ、すっきりと目覚める。」

というのが、一番理想的ですが日々の生活を考えるとなかなかそうもいきませんよね。

良質な睡眠をとるだけでも、十分にスッキリ効果は得られます。

そのために、まずは夜風呂でリラックスすることを心がけてみてはいかがですか?

最後までお読みいただきありがとうございました。この記事が少しでも皆さんの生活のお役に立てれば幸いです。

【スポンサードリンク】

他にも睡眠に関する記事は、
夜に早く寝る方法は?簡単にできるので頭が冴えて眠れない人におすすめ!
がありますのでご覧ください。

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です