男性ホルモンを増やすためのトレーニング法とおすすめの食材は?

%e7%94%b7%e6%80%a7%e3%83%9b%e3%83%ab%e3%83%a2%e3%83%b3

%e7%94%b7%e6%80%a7%e3%83%9b%e3%83%ab%e3%83%a2%e3%83%b3
男性ホルモンの9割を占めているといわれているのが、「テストステロン」

この「テストステロン」を増やせば、男らしさはもちろん男の魅力アップにもなるのですが、大半の男性は30歳を過ぎるとテストロテンの数値がゆっくりと低下していくのだそうです。

草食男子や美肌男子など話題になっていますが、やはり男らしくありたいと思う殿方も多いはず。

男性ホルモンを自然に増やすポイントは、トレーニングと食材選びにあるようです。

今回は、男性ホルモンを増やすトレーニング法とおすすめの食材について調べてみました。

【スポンサードリンク】

男性ホルモンを増やすトレーニング方法とは?

男らしさの象徴ともいえる筋肉。

まさに、筋トレがテストステロンを増やすのに効果があるのです。

フルマラソンのような長時間の運動よりも、短時間の激しい運動の方がよりテストステロンを増やすことができます。

そして、運動中にテストステロンの生成量をより効果的に高めるためには、脱水に注意し過度なトレーニングは避けてください。

脱水は、テストステロンの分泌を減少させてしまいます。

また、過度なトレーニングをすることで、ストレスの元でもあるテストステロンと競合するコルチゾールを増やすことになるため、結果的にテストステロンの分泌量低下になってしまうのです。

筋トレというと、スポーツジムなどトレーニングマシーンを使うことをイメージしてしまいますが、誰でもどこでもできるスクワットが適しているそうです。

スクワットは、多くの関節と筋肉を使うので、男性ホルモンを増やすトレーニングとしても効果的なのです。

【スポンサードリンク】

男性ホルモンを増やすおすすめ食材はなに?

田中将大選手の奥さま 里田まいさんも取得した「アスリートフードマイスター」という資格があるように、スポーツ選手にとっては食もトレーニングと同じくらいに重要なこと。

もちろん筋トレすることで男性ホルモンが増えますが、より効率的に増やすために食材にも気をつけたいものです。

男性ホルモンを増やすおすすめ食材は、こちら。

卵の黄身
卵は、動物性タンパク質の中でも、繊維質とビタミンC以外のほとんどすべての栄養素を含んでいる優等生。

白身よりも黄身が栄養素を含んでおり、特にテストステロン値を上昇させるのに効果のある、ビタミンD3が含まれています。

アブラナ科の野菜
ブロッコリー・カリフラワー・キャベツ
アブラナ科の野菜は、テストステロン値を安定させて、筋肉の増強と筋トレ効果を高めてくれます。

牡蠣
牡蠣は、タンパク質のほかにも亜鉛が豊富に含まれており、亜鉛不足は筋肉の衰えや性欲低下などにつながります。

にんにく
にんにくに含まれる二硫化アリルと呼ばれる化合物が、テストステロンを働かせるホルモンを放出させます。

特に、高タンパク質な食事(ステーキや焼肉など)と共にすることで、テストステロン値を上げるとされています。

ほうれん草
ほうれん草に含まれるマグネシウムもテストステロン値を上昇させ、筋肉の発達や生殖機能を助けるうえでも、とても大切だとされています。

マッシュルーム
普段から口にする人は少ないかもしれませんが、アロマターゼという酵素が体内で作られるのを防ぐ働きがあるとされています。

このアロマターゼは、テストステロンを女性ホルモンであるエストロゲンに変換してしまうことから、アロマターゼを阻害することで、テストステロン値を維持することにつながるのです。

男性ホルモンを増やすには、筋トレとバランスのとれた食事、そして質の良い睡眠が効果的なようです。

最後までお読み頂きありがとうございました。この記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

【スポンサードリンク】

他にもに健康と食に関する記事は、
マラソンやトレーニングの疲労回復に即効性のある食べ物は?
がありますのでご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です