夜に早く寝る方法は?簡単にできるので頭が冴えて眠れない人におすすめ!

image

image
夜になって布団に入って寝ようとすると、目が冴えてしまって眠れない事ってありませんか?

寝たいのに眠れないと余計に焦って時間だけが過ぎて行くと言う経験がある人は少なくないのではないでしょうか。

夜、せっかく早くお布団に入ったのに眠れず、早く寝る方法ばかり考えていては余計に疲れてしまいます。

夜に目が冴えてしまってどうしても眠れないときに早く眠る方法は一体どんな方法があるのでしょうか?

簡単ですぐに実践できる夜早く寝る方法について調べてみました。

【スポンサードリンク】

夜、簡単に早く寝るには?

夜になって布団に入って目をつむってもなかなか寝付けずに、いろいろと早く寝る方法を試している方も多いようです。

しかし、簡単で効果のある方法は本当にあるのでしょうか?

早く寝る方法を身につける為に、まずは夜眠れない原因は一体何なのかを見てみましょう。

・仕事や家庭でのストレス
・生活のリズムが乱れている
・体が興奮状態
・リラックスできない環境

などである事が考えられます。

これらの原因に対応した、簡単に早く寝る方法をご紹介します。

生活習慣を見直して、夜、簡単に早く寝る方法

何気ない生活習慣を変えるだけで、簡単に早く寝る方法があります。

夜なかなか寝付けない理由が生活習慣の中に隠れている事は多くあります。

・寝る直前に電子機器を利用しない。

寝る前にスマートフォンやパソコンを見る習慣はありませんか?

スマートフォンやパソコンのブルーライトを見る事によって脳が、夜であると認識できなくなります。

電子機器の利用は眠りにつく1時間前までに終わらせましょう。

・体を冷やさない

人間の体は、体の内部の熱が体の表面に移動してくる事によって眠る状態になります。

その為、体の表面を冷やしてしまうと眠れなくなってしまいますので寝る前に体を冷やす事は避けましょう。

・カフェイン、アルコールを摂り過ぎない

カフェインは眠りを妨げます。

コーヒーだけでなく、紅茶、コーラ、緑茶、ウーロン茶、エナジードリンクなどにも含まれています。

またアルコールも摂りすぎると
、体がアルコールを分解しようと働き出しリラックスできないので、眠りにつきにくい状態になってしまいます。

このように誰もが普段の生活でしている事が睡眠を妨げている事があります。

【スポンサードリンク】

簡単な運動をして早く寝る方法

仕事がデスクワークであったり、日中体を動かさないでいる事も夜の睡眠に影響します。

体を動かさなくても疲れは溜まりますが、頭の疲れでは睡眠は促進されません。

睡眠を促進するには体の疲れが必要になってきますので、運動をする事が大切です。

早く寝る為に夜、仕事後に簡単にできる運動をしましょう。

例えば、腹筋をする、散歩をする程度で十分です。

なるべく眠りにつく1時間前には運動をするようにしましょう。

寝る直前に運動をすると、逆に神経が興奮して寝つきにくくなります。

寝る直前ならばストレッチやヨガなどリラックスできる運動にしておきましょう。

今すぐできる!簡単に早く寝る為の睡眠環境を整える

夜寝る為にリラックスできていないと寝つきが悪くなります。

簡単にリラックスする為に、睡眠環境を見直してみる事も大切です。

・枕を好みの高さの物に変える
・締め付けのないパジャマに変える
・シーツや布団を好みの素材に変える
・枕の方角を変える

このように、ちょっとした変化で寝つきがよくなる事もあります。

簡単にすぐできるので試してみましょう。

まとめ

夜なかなか寝付けないと朝起きられなかったり、日中眠たくなってしまったりと生活に影響が出てきます。

意外と簡単に改善される事もありますので、自分に合った早く寝る方法を見つけて快適な睡眠環境を整えましょう。

【スポンサードリンク】

他にも眠りに関する記事は
朝起きられない・昼間眠い・夜眠れないなどの悪循環の原因である不安やストレスへの対処法
がありますのでご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です