家で体力をつける方法は?これからの体力が気になる40代以降の方にオススメの筋トレ法を紹介

image

スポーツジムなど行かずに家で体力を付ける方法はあるのでしょうか?

30代になると身体の衰えを意識し始める様になり、更に40代になると腱柔軟が無くなっていき、アキレス腱も切れやすくなってきます。

40代という年齢は全身の基礎代謝の低下の目立つ年齢となってきて、痩せづらくなってきたり体力が落ちて来たと感じてらっしゃる方は多いのではないでしょうか?

しかし、40代ともなると毎日の仕事だけでもとても大変だし、なかなか毎日ハードな運動を続けるのは困難だと思います。

そこで、40代の方でも続けやすい家で体力をつける方法とオススメの筋トレ法を色々紹介します。

【スポンサードリンク】

家で体力をつけるオススメの筋トレ法とは?40代だからこそ家で体力を

いつまでも健康的に過ごすためには日頃から体力づくりを習慣づけなければいけません。

筋トレと聞くと案外難しそうに感じるのでしょうが筋トレにもいろいろな種類があります。

ジョギングやランニングは苦手とおっしゃる方でも家で体力をつける方法でなら無理なく継続していく事も可能だといえるでしょう。

家でする為の筋トレは無理に激しい運動をする必要はありません。

むしろゆるく長く続ける事が疲労物質がたまりにくくなります。

それによりアクティブに行動できる身体が得られるのです。

早速そんな40代の方でも実践しやすい筋トレも兼ねた方法を紹介しましょう。

家で行うのに適しているおすすめの筋トレ法は、

  • ストレッチ
  • 腹筋上体起こし
  • スクワット
  • 踏み台昇降

などがオススメです。

●ストレッチ
ストレッチは筋トレも併せ持ったトレーニングです。

一見そんなもので体力をつけることが可能なのだろうかと思われがちですが、全身の中でも特に下半身を中心の筋肉は身体の中でも最も大きな部位であり40代に差し掛かると特にその部位の筋力が衰えてくるのです。

ですから下半身の筋肉を増やし体幹部分を鍛えていくことが家で体力ををつける方法としては気軽な方法と言えるでしょう。

ストレッチは 胸 背中 左肩右肩 股関節 股の内側 腰 太もも 左足 右足 ふくらはぎ と様々な部分をゆっくりほぐしながら時間をかけて伸ばしていきます。

20130919210121

その時息を吸ったり吐いたりの呼吸を上手く利用すれば筋肉の伸び感が感じやすいのです。

痛みがある時等は無理にはしない事。

程よい程度で短い時間で例えば1日10分程続け継続していく事が筋トレに勝る位の体力を付けていけるコツでもあります。

●腹筋上体起こし
腹筋上体起こしは腹直筋に効く運動です。

床に仰向けになり、両膝を肩幅に開いて立てます。

両腕を太ももに這わせなからゆっくり動かし視線はへそへ肩は床面から離れる位まで上半身を1秒程キープします。

そこからゆっくり元の姿勢に戻します。

pict_010_03

苦しければ肩は少し動く程度まで上げるだけでも効果があります。

1セット10回 1〜3セット出来ればよいでしょう。

●スクワット
これも家で体力をつける方法とはしては気軽に出来る筋トレであり

40代だからこそ結果が出た時の喜びもひとしおな方法です。

普通のスクワットが不安な方は後ろに椅子を置いてチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

スクワットは足を軽く開いて45度位膝を曲げ1秒キープして、ゆっくり元の姿勢に戻します。

1セット10回、多くて2〜3セットできたら理想的でしょう。

e6de756edd47d1064f96a95a66663270

スクワットしながら腕を横にまっすぐに伸ばしながら行えば

腕もスッキリと筋トレが出来て更に効果的です。

40代になると 腕のたるみが気になりますね?

この方法は一石二鳥でかなりオススメです。

●踏み台昇降

これも太ももの筋トレとしては無理なく出来て実践しやすい筋トレと言えましょう。

ただし、低めの踏み台を用意して頂く必要がありますが。

踏み台に登って降りるだけを5分〜10分程続けます。

4782928b-s

慣れてくるとメリハリのある動きへとなってきます。

この様な 家でもできる筋トレとは実は40代にはとても気軽でどれも試してみやすいものばかららです。

【スポンサードリンク】

結果を出そう

諦めずまずは1週間スパンで鏡を見てみる事も忘れずに。

筋トレの効果がちゃんとやればやった分それ程目で見てもわかってきます。

1ヶ月後の自分を想像しとにかく続けていく事。

そしてそれらの筋トレの特徴はどれも太ももの筋肉を使っていると言う事がポイントです。

40代だからと諦めずに。

【スポンサードリンク】

家で体力をつける方法は有り、地道に着実に行っていけるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です