カラオケで高得点の出し方のコツは?マイクの持ち方やビブラートの使い方・高得点が出やすい曲を男女別に紹介!

image

カラオケは好きじゃないとか、苦手と言いながらもカラオケを歌った事がない人は少ないのではないでしょうか。

逆にカラオケは好きだけど、上手く歌えないとお困りの方も多い、そんなカラオケですが少しでも高得点を取りたい、うまく歌いたい、でも高得点の出し方はどうやって出せばいいのかよくわからない。

一体どの様に上手く歌えばカラオケで高得点が取れるのでしょうか?

実は高得点の出し方のコツはマイクの持ち方やビブラートの使い方などにあります。

カラオケでの高得点の出し方のコツ、マイクの持ち方やビブラートをうまく使うための練習法をご紹介します。また、カラオケで歌いやすくて高得点が狙いやすい曲についても男女別に調べました。

【スポンサードリンク】

カラオケで高得点の出し方の基本はマイクの持ち方

マイクは司会者の様な持ち方をしてしまうと、声を上手く拾えません。

まずマイクは口に対して斜めから垂直に近い辺りの角度で口元に当てるとよく声を拾う構造になっておりより声をはっきりとキレイに拾います。

近すぎたり遠すぎたりせず口にマイクが当たらない様に適度な距離を取る事が、コツとも言えましょう。

マイクの持ち方を少し変えるだけで高得点を左右する事もあるのです。

自分の得意な音程を知る

人には人それぞれの音程がありますが基本的に自分の音程の範囲を分かっていないとうまく歌を歌うなんて夢のまた夢となる事も。

そして歌った事の無い曲やあまり覚えていない曲等を歌うでの高得点は望めないかもしれません。

自分に合った音域の曲を選んでみる事は 高得点を狙うにはとても大切になってきます。

それには自分の音域をまず知っていく事です。

高すぎたり低すぎたりしてうまく歌えなかった事は誰にでもある事です。

人前で歌った時に良かったと言われた曲にしぼりチャレンジしてみると高得点につながりやすいのではないでしょうか?

【スポンサードリンク】

ビブラートを効かせるには

ビブラートは覚えてしまえば実にシンプルで簡単な発声法です。

ビブラートの前にまずロングトーンと言う発声法があるのをご存知ですか?

この二つはセットとして使いこなせるとより高得点につながってゆく事間違いなしなので是非この機会に知って頂きたいと思います。

まず、息が吐けなくなるまで同じ音の発声を続けなるべく同じ音を保つ様発声してみましょう。

その時 お腹から声を出す感じを意識していき段々と強く発生し段々弱く発生する事。

そこでビブラートを勇気を持ってかけていってみて下さい。

ビプラートとは音を伸ばすときに少し音の高さを揺らしバイブレーションさせることです。

他には もっとシンプルな裏技的練習法もあります。

コンビニなどのお箸を前歯で横向きにくわえて好きな曲等を口ずさむだけ。

もうそれだけで 腹式呼吸になっているのです。

お箸をくわえて歌うのは少し歌いにくいですがその状態からでもビブラートを使う事ができます。

車でラジオを聴きながら 家で音楽を聴きながら等コツさえ掴んでしまえば 何故今まで出来なかったのだろうとさえ思えてくるかもしれませんね。

しかし、ビブラートの乱用は禁物です。

カラオケでの高得点は マイクの持ち方に始まり音程や安定性表現力やリズム感ビブラートとロングトーン、とにかくそれらをバランス良く使いこなし歌う事それに尽きるのではないでしょうか。

男女共に歌いやすい曲

カラオケで歌いやすいと言われている曲は多くありますが、男女別に紹介しましょう。

まず男性から

  • ウルフルズ バンザイ〜好きでよかった
  • サザンオールスターズ 希望の轍
  • レミオロメン 3月9日
  • レミオロメン 粉雪
  • 斎藤和義 歩いて帰ろう

女性は

  • AI story
  • 絢香 三日月
  • 高橋洋子 残酷な天使のテーゼ
  • 一青窈 ハナミズキ
  • kiroro 未来へ
【スポンサードリンク】

ここにあげた曲の中には歌いやすお馴染みのものが多いのですが、ここに上がらない皆さんが歌いやすいと思う曲があればどんどんチャレンジしてみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です