蚊の退治にペットボトルは効果ある?蚊除けハーブと寝ている赤ちゃんへの対処についても紹介!

katori1

梅雨が明けたら夏本番!!

楽しみにしている方も多いのではないでしょうか?

ただそんな楽しい夏をおびやかすのが「蚊」の存在です。

寝ている時に聞こえるあの「プ〜ン」と言う甲高い音。

とっても不愉快に感じますよね。

みなさんは蚊に対してどのような対策をしていますか?

蚊は昔からいて馴染みのある虫なので、対策も蚊取り線香や虫除けスプレーなど一般的なものしかしていませんでした。

しかし最近では、蚊に刺されて起こる感染症が深刻化していて、去年はテング熱患者が日本で発見され社会問題になりましたね。

そんな蚊の対策で最近よく耳にするのが、虫除けペットボトルです。

どの家庭でも簡単に準備できるペットボトル。

この身近なペットボトルで蚊の対策ができたら大変うれしい話ですね。

今回は蚊の対策として虫除けペットボトルは有効か?また、赤ちゃんへの対処法などについて調べてみました。

【スポンサードリンク】

蚊の対策に有効?虫除けペットボトルって??

深刻な蚊の被害に悩まされているフィリピン。

そのフィリピンの会社が独自に開発したのが「蚊取りボトル」だそうです。

この蚊取りボトルを市民に配って実践させた結果、テング熱の感染者は前年の半分に減ったそうです。

驚くべき効果ですね。

また、どの家庭でもある材料で簡単に作れる!!というのも驚きです。

それではその作り方をご紹介します。

<準備するもの>

  • ペットボトル(1、5リットル)
  • 熱湯 200ml
  • 砂糖 50g
  • ドライイースト(パン作りで使うもの) 2g

たったこれだけです。

では作り方です。

1、 ペットボトルの口を切り取ります。

2、 切り取ったボトルに砂糖を入れて、そこに熱湯を注ぎ砂糖を溶かします。

3、 熱湯が冷めたところで(約40度、目安は人肌より少し熱い位)ドライイーストを入れます。
イーストはそっと入れて混ぜずに静かに発酵を待ちます。(2時間〜半日程度)

4、 発酵が始まったら、切り取ったペットボトルの口の方を逆さに差し込んで完成です。

蚊は黒い物を好むので、黒い紙などで覆うとなおよいでしょう。

完成したら庭やベランダなど、蚊のいそうなところに置きましょう。

発酵によって二酸化炭素が発生し蚊をおびき寄せるというわけです。

ボトルに入った蚊は、口が狭いので抜け出す事ができずにそのまま死んでしまいます。

虫除けペットボトルは衛生上2週間くらいで交換しましょう。

また気温が低い場所では発酵が止まって効果が薄れるそうなので注意が必要です。

【スポンサードリンク】

部屋で寝ている赤ちゃんへの対処

虫除けペットボトルを庭やベランダに置いて一安心ですが、赤ちゃんがいる家庭はそれだけではちょっと不安かもしれませんね。

小さい我が子を蚊から救うには、他にも対策をしておくとさらに安心ですね。

そこで室内での対策として思いつくのが蚊取り線香です。

でもこれは煙を発生するので大人でも嫌な人もいるでしょう。

最近では煙の出ない電気蚊取り器が売られています。

これを部屋に設置して作動させておけば部屋に侵入した蚊を退治出来るというわけです。

でも部屋の大きさによっては効き目が薄いことも予想されます。

我が子には用心に用心を重ねたいのが親心。

そんなママには、ハーブの匂いで蚊を寄せ付けない虫除けスプレーがおすすめです。

実際私もこのハーブの虫除けスプレーの愛用者です。

香りもよく、虫も寄ってこないので一石二鳥ではないでしょうか?

蚊の対策は調べてみると意外とシンプルなんですね。

【スポンサードリンク】

どれも簡単にできるものばかりですので、今年の夏はぜひ実践してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です