コーヒーの効用で美肌になれる?心臓病のリスク軽減、便秘解消など意外な効果も!

image

コーヒーを飲むと体に悪いというイメージの方が強いという人も多いのでしょうか?

確かに飲みすぎるとよくありませんが、最近の研究でコーヒーはお肌を守ってくれるなどの驚くべき効用がたくさん立証されているのです。

美肌以外にもあるまだまだ知られていないコーヒーの効用についてまとめてみました。

コーヒーの効用を知ることで、体に悪そうなイメージがきっと変わるでしょう!

【スポンサードリンク】

コーヒーの効用は?美肌効果について

コーヒーに入っているカフェインは、末梢血管を拡張する作用があるので、コーヒーを飲む事によって皮膚の血流量が増えます。

これが、お肌の新陳代謝を促進してくれる事でお肌が綺麗になってむくみも解消されます。

またカフェインには利尿作用があるので、尿に含まれた老廃物を出す事でお肌も綺麗に保つ事ができます。

また、コーヒーにはクロロゲン酸というポリフェノールがたくさん含まれています。

ポリフェノールは紫外線などで刺激を受けた時に起こる活性酸素の発生を防いでくれるので、メラニン色素が作られるのを予防できます。

つまりコーヒーを飲んでいる方がシミができにくいのです。

クロロゲン酸は、抗酸化作用があるのでアンチエイジングにも効果があると言われています。

さらに、コーヒーのあのいい香りには精神安定作用があり、リラクゼーションの効果も期待できます。

美肌に大切な事は、ストレスを減らしリラックスする事なのでコーヒーの香りも美肌に大きく影響していると言えますね。

コーヒーで心臓病のリスクを軽減

肌以外にもコーヒーの嬉しい効果はまだまだあります。

なんと最近の研究で、コーヒーを飲む事で心臓病のリスクが4割も減少する事が分かったそうです。

コーヒーを1日に3〜4杯飲む人は、心臓病死の危険が4割も軽減するという研究結果が出ました。

その理由としては、心臓病は血液がドロドロになる事によってなってしまう病気ですが、コーヒーに含まれるアロマと必須栄養素のニコチン酸が、血液をサラサラにしてくれる効果があるので心臓病のリスクを軽減できるというわけです。

しかし飲めば飲むほど効果がある訳ではありません。

1日に5杯以上飲むと、心臓病のリスクは飲まない人に比べて上がってしまいます。

1日に豆10g、150ml程度のコーヒーを3〜4杯飲む事で効果があります。

【スポンサードリンク】

コーヒー効果で便秘も解消

コーヒーには便秘解消の効果もあるのです。

つまりデトックス効果があるという事で、これは肌を綺麗に保つ効果にも繋がります。

コーヒーに含まれているカフェインは、胃の働きを活発にさせて、大腸の収縮も助けてくれます。

コーヒーを飲むと便意が起こりやすくなるのはこの為です。

さらに、コーヒーには腸内環境を整える事で有名なオリゴ糖も含まれているのです。

コーヒーに含まれるオリゴ糖は、腸の中の善玉菌の餌になるので善玉菌の動きも活発にしてくれます。

このように、コーヒーには便秘解消の為に必要な成分もたくさん含まれているのです。

便秘に悩まされた時にはコーヒーで便秘解消を試してみてはいかがでしょうか。

このようにコーヒーには驚く程いろんな効果があるのです。

【スポンサードリンク】

今までは体に悪いかなと心配しながら飲んでいた人も、さらに美味しくコーヒーを飲む事ができそうですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です