黒沢健一が脳腫瘍で逝去 良性ではなく悪性で治療するも症状酷すぎた!?種類やステージは?

image

元L↔︎Rの黒沢健一さんが、12月5日脳腫瘍のため48歳の若さで亡くなりました。

初めて発症したのは2015年の秋ぐらいで、それから入退院を繰り返しており、2016年10月3日に自身のブログで脳腫瘍である事を公表しましたが、最期は残念な結果になってしまいました。

入退院して集中的に治療していたにも関わらず、こんなに短期間に亡くなってしまうとはかなり恐ろしい病気ですね。

ファンの方々は黒沢健一さんの脳腫瘍が良性なのか悪性か気になっていた方も多いと思いますが、脳腫瘍は悪性だったようです。

悪性とはいえ果たして黒沢健一さんの脳腫瘍は本当にやはり治療しても生存の可能性が低い状態だったのでしょうか?

今回は黒沢健一さんが患った脳腫瘍の発見時のステージや種類、末期の症状などについて見てみました。

【スポンサードリンク】

黒沢健一さんの脳腫瘍の種類は?発見時既に良性ではなく悪性だった模様

脳腫瘍は悪性腫瘍が脳以外のところから転移してできた転移性脳腫瘍と、脳の中から生まれた原発性脳腫瘍に別れているといいます。

黒沢健一さんは脳腫瘍以外にがんを患っていないので原発性脳腫瘍の方だったのでは無いかと思われます。

脳腫瘍はステージ4のうちステージ2までは良性ですが、良性であれば腫瘍を切除すればほとんど亡くなることは無いとされてます。

脳腫瘍の末期の平均余命はステージ3で10年未満、ステージ4で一年未満といわれています。

黒沢健一さんの場合最初の症状はめまいだったとの事ですが、この時に腫瘍を切除できていれば何事も無かったかもしれないですが、それができていないということは、発見されたとき既にステージ3以上だったのかもしれません。

ステージ3は外科手術では取り除くことは難しく、腫瘍の成長もとても早いとの事です。

黒沢健一さんは1年2ヶ月ほど脳腫瘍が発見されて生きてますので、平均余命などから考えて発見時は少なくてもステージ3、最期は確実にステージ4だったと思われます。

ステージ3以上を患った場合の治療法は、放射線療法や化学療法での治療が主流だそうですが、やっぱり外科手術が出来ないのは時間がかかるし辛そうですね。

脳腫瘍の効果的な対策としてはステージ3になる前に発見し治療する事で、末期に入るととても厳しそうです。

【スポンサードリンク】

末期の脳腫瘍の症状は?

IMG_8204(出典:
https://medley.life/diseases/54b52adb517cef641a0041aa/)

末期の脳腫瘍について調べましたが本当に恐ろしいものでした。

脳腫瘍の末期症状は、
頭痛や吐き気がますます辛くなる
体が完全に麻痺する
時間や場所がわからなくなる
食べ物が飲み込めなくなる
腫瘍からの出血が激しくなる
などですが他にもいろいろあります。

確かにこれだけいろんな体の場所に影響が出る病気なら末期になると治療が困難なのはわかる気がします。

脳腫瘍はとても恐ろしい病気である事が分かったので、普段から出来るだけ健康に気を配り、定期的に健康診断を受けた方が良さそうです。

黒沢健一さんが亡くなられてしまったのは本当に残念ですが、この世に残された者としてこれを機会にこれまでよりもより健康に目を向けていきたいと思います。

黒沢健一さんのあの世でのご冥福をお祈り致します。

最後までご覧頂きありがとうございました!

【スポンサードリンク】

他にもニュースの記事は、
愛子さまは障害?手のこわばり・手の振り方・親指やフラフープの画像などから検証
がありますのでご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です