暑い日の過ごし方は?夜家で扇風機だけで快眠する方法

梅雨の時期を過ぎると毎日暑いですね。

夏は夜暑い日も多いので、寝苦しい思いをしている方も多いのではないでしょうか。

夜中に暑くて何回も起きてしまい、寝不足…そんな思いはしたくないですよね。

暑い日中を乗り切るには、寝苦しい夜への対策が必要ですが、クーラなしだと暑くて眠れず、かといってクーラー付けたら電気代がばかにならない、そんな日は一体どのようにすればクーラーなしでもぐっすりと夜安眠できるようになるのでしょうか?

今回は、暑い日の過ごし方とクーラーなしでもできる扇風機などを使った暑さ対策について見ていきたいと思います。

【スポンサードリンク】

暑い日の過ごし方!クーラーなしでは夏は睡眠に不向き!?

暑い日にクーラーなしでぐっすり眠るためには、温度よりも湿度がポイントになってきます。

湿度が高くなると、体から熱が逃げにくく、結果、寝苦しくなってしまいます。

人間の体は夜8時頃からだんだんと体温が下がり、眠るための準備をします。

ところが、湿度が高いと体から熱が逃げにくくなり、寝つきが悪くなったり、夜中に何度も目が覚めたりしてしまうのです。

つまり、高温多湿な日本の夏は、安眠しにくい季節なのです。

寝苦しい夜は扇風機が救世主!?

「夜暑くて眠れないのなら、クーラーを夜通しつければいいんじゃない?」
なんて思う方もいるかもしれませんね。

ですが、ずっとクーラーを付けているのは電気代もかなり高くなりますし、体への影響も心配です。

また、クーラーが苦手な方もいるかと思いますが、そんな時には、扇風機を上手に使って、暑い夜を乗り越えましょう。

暑い夏にクーラーを付けないなんて無理!という方は、扇風機との併用がおすすめです。

クーラーの温度を高めに設定して、エアコンから出る風を扇風機で部屋中に循環させます。

こうすることで、設定温度が高めでも、部屋を涼しくすることができます。

さらに、クーラーの設定温度は高めなので、電気代もお得になります。

扇風機による電気代は、クーラーよりはるかに安いので、とってもお得です。

夜は扇風機だけでオッケーという方もいるでしょう。

扇風機だけで、さらに快適に夜寝るにはペットボトルが一本あれば大丈夫です。

やり方はとっても簡単です。

冷たいペットボトルを扇風機の前に置いて、扇風機を使うだけです。

こうすることで、扇風機から冷たい風が来ます。

ペットボトルに水滴がつくので、床をビショビショにしたくなければ、タオルなどを敷くことをお勧めします。

扇風機を使う際に、注意点があります。

それは必ず首振り機能を使うことです。

体の同じ部分にだけ風が当たると、低体温症になってしまうことがありますのでご注意ください。

また、扇風機は壁に向かって設置してください。

壁から跳ね返ってきた扇風機の風を浴びることで、より低体温症の予防になります。

扇風機を使った暑さ対策は他にも
扇風機とエアコンの電気代を比較したら差はどれくらい?どのように併用すると効果的か
がありますのでご覧下さい。

【スポンサードリンク】

他にも寝苦しい夜の対策はたくさん!

電気代を使わない対策もご紹介します。

まず一つ目は、冷感の敷きパッドや枕を使うことです。

こちらは、家電量販店やホームセンターなどで気軽に手に入れることができます。

また、寝具をリネン(麻素材)に変えることもオススメです。

リネンは汗の吸収がよいのに渇きが早く、さらっとしているため、暑い夏にはもってこいの素材です。

二つ目は湯船に浸かってリラックスすることです。

こちらは意外かもしれませんね。

夏場は暑いので、シャワーだけで済ませてしまう方も多いかもしれません。

ですが、安眠するためにはなるべく湯船に浸かりましょう。

ぬるめのお湯にゆっくりと浸かることで、体が温まり、安眠に繋がるのです。

お風呂から上がって、30分後の体の火照りが落ち着いてきた頃が安眠のタイミングです。

また、その他にも寝る前に携帯を触らないことや、寝る3時間前から何も食べないことなども安眠するための対策です。

まとめ

いかがだったでしょうか。

年々夏が暑くなっているような気がしますが、寝苦しい夜には安眠のための対策が欠かせないですね。

毎日夜暑いですが、いろいろ工夫して、暑さに負けないよう対策しましょう!

最後までご覧いただきありがとうございます。少しでもこの記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

【スポンサードリンク】

他にも暑さ対策の記事は
扇風機とエアコンの消費電力を比較!併用する際の向きや置く位置について
がありますのでご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です