挨拶は年始のいつまでにすべき?目上の上司へ品物を渡す際のビジネスマナーは?

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-2

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-2
年始に挨拶を兼ねて、お渡しする「年賀」。

訪問の際などに持参する品物はどんなものが良いのでしょうか?

粗品では失礼になってしまうし、値が張るものを渡せば相手に気を使わせてしまいますし、また、時期はいつまでにどんな品物を持参すれば失礼にならないのでしょうか?

ある程度の期日までには決めなければなりませんし、訪問の際の手みやげも品物も、何でもいいわけではありません。

ビジネスマナーをきちんと守り社会人らしい対応をしていく事が求められますが、今回は年始の挨拶で目上の上司へ送るおススメの品物や、渡すのに良い時期などについて調べました。

【スポンサードリンク】

年始の挨拶はいつまで?品物を渡すのに一番最適な時期は?

年始の挨拶は1月1日から3日(三が日中)にお渡しするものとされています。

松の内(1月7日まで)という地域や
1月10日、15日まで、という地域もあるようです。

元々御年賀とは、新年を祝って贈るもので、お正月に迎える神様(年の神様,歳神様とも言います)や仏壇にお客様がお供えするものだったという説があったようです。

時間帯は、午前中からお昼にかけては訪問先の方が昼食の心配をしてしまう可能性もあるので、落ち着いた午後のほうが訪問先の方も余裕を持って対応できるので、お昼以降の方が良いでしょう。

また、元日の午前中はまだお休み(就寝)されていらっしゃる方やご家族で、ゆっくりされていらっしゃる方も多いと思いますので元日の訪問は避けた方が無難です。

訪問先には、子供連れだとお年玉の心配などお相手先の負担が生じます。

大人だけでお出かけになったほうが無難でしょう。

【スポンサードリンク】

おススメの年賀の品物と価格帯

お年賀の平均的な予算は相手先にもよりますが、1000円から3000円くらいのものが良いでしょう。

訪問先の嗜好に合わせたもの、コーヒーなどの嗜好品保存の効く缶詰、菓子などが人気です。

高価なものや、装飾品などは贈るものではありません。

訪問先の家族構成や好み、お子様の有無などの情報を把握してからお相手が喜んで頂けるものを持参するのがベストですね。

お年賀には「のし紙」を用います。

水引は、紅白の5本(又は7本)で出来ている蝶結びのもので表面に「「御年賀」と記入します。

こちらを手土産と共に持参します。

あまりにも堅苦しく感じてしまうときは「ご挨拶」などの表記でも大丈夫です。

年賀を送る際の注意点

御年賀を送る際に気を付けなければいけないことは、宅配便やデパートなどから直接発送するのは御年賀を持参して、新年のご挨拶をするという観念からやってはいけないとされています。

相手先が喪中などの場合は松の内の期間を外し、寒の入りの1月5.6日頃から
立春(2月4日)までの間に「寒中見舞い」としてお渡しします。

お年賀で、タオルを贈る際「御多織留」(おタオル)と表記することがあります。

これは、以前「御タオル」という表記をしていたそうなのですが「倒れる」を連想させるそうなので漢字になったそうです。

「多織留」は「たくさん成功をおさめる」を意味し縁起が良いことから広まったそうです。

このような文字を「変体仮名」というそうですがお相手にもいい印象を与えそうですね。

関東地方が発祥のようですが地域に関係なく贈ることは出来ますので

「成功を織り込むタオル」を贈ってみるのもいいかも知れません。

最後までご覧いただきありがとうございました!この記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

【スポンサードリンク】

他にも年中行事に関する記事は、
正月の花の名前はなんという名前?玄関に飾る場合などの生け方は?
がありますのでご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です