人付き合いが苦手な人の適職は?また苦手意識を克服するには?

%e5%9c%a8%e5%ae%85

%e5%9c%a8%e5%ae%85人付き合いが苦手でも生きていくためには仕事をしないといけない人がほとんどだと思います。

そんな人の適職は何でしょう?

まず仕事をするうえで人と全く関わらないというのは不可能だと思ってください。

それでも、人づきあいが少なくて済む職業を考えてみましょう。

人付き合いが少ないからと言って、それが適職だとは限らないということも頭の隅に置いておいて下さいね。

今回は、人付き合いが苦手な方へ、人とあまり関わらなくてもいい仕事と、人付き合いの苦手意識を克服する効果的な方法について調べました。

【スポンサードリンク】

人付き合いが苦手な人の適職は?人とあまり関わらず、一人でできる仕事

重労働で車やバイクの免許が必要だったりしますが一人でできる仕事をあげてみます。

新聞配達・・・時間にルーズだと厳しいし、天候や季節によっても苦労しますが、配達する時は誰ともかかわらなくて済みます。

ポスティング・・・こちらも天候や季節で辛い時がありますし、新聞配達と違うのは必要とされていないお宅にもポスティングしなくてはいけないということです。

トラック運転手・・・こちらはかなり重労働で、特殊な免許を必要とする場合もありますが、運転中は一人の時間を持てます。

周りに人がいるけど、自分だけでできる仕事

会社や派遣先など、特定の場所で作業するため、人が大勢る場合もありますが関わることはあまりありません。

清掃員・・・ビルやお店に派遣されて掃除をします。仲間と一緒の場合もありますし、周りに人がいる場合もありますが、作業は一人で黙々とします。

工場勤務・・・流れ作業や専門的工程など、同じ空間に仲間がいても話すことはなく作業に没頭できます。

自分で何かを作り出す仕事・・・いわゆるクリエイティブなお仕事です。作家やデザイナー、イラストレーターなど在宅でもできますし、唯一無二の作品を作り出せるようになれば人付き合いにこだわることはなくなります。

他にも農業や牧場など何かを育てる仕事や、研究員など専門職もあります。

ただ、やはりどんな仕事も多少は人とのコミュニケーションが必要です。

ならば苦手意識を克服することも考えてみましょう。

なぜ、人づきあいが苦手なのか考えてみる

そもそも、なぜ人付き合いが苦手なのでしょうか?

人付き合いが苦手な人の共通点は、「自分に自信がない」「自分が嫌い」と思っていることです。

とにかく人の目が気になって、自分がどう思われているか、こんなことを言ったりしたりしたら嫌われるのではないかと、常に考えすぎていてるのです。

また、実際に人付き合いにおいて嫌な経験をしたことがある場合、それを引きずってしまう傾向があります。

他人に期待して自分の想像と違う反応をされると、それで傷ついたり落ち込んだり嫌な思いをするのです。

傷つくのを恐れるあまり、人と関わるのが怖くなり、人づきあいが苦手だと思うようになるわけです。

そうなると、ますます人に好かれようといい人を演じるようになり自分に無理をして疲れます。

結果、「やっぱり人付き合いは苦手」と思ってしまいます。

では、具体的にどうしたらいいのか?

人付き合いを上手くするためには、まず自分に無理をしないことです。

つまり「いい人」になろうとしないことです。

ギブ&テイクの関係を築くのです。

何かしてもらったら感謝をして、同じ形でなくても次の機会にお返しをするなど、与えられるばかり、与えるばかりの関係にしないことです。

そして不満も溜め込まず、言いたいことはしっかり、しかし相手のプライドを傷つけないように、すっきり伝えるようにします。

常に表情を明るくしておくことで、相手との距離を縮めます。

挨拶も先手で行いましょう。

挨拶を大きな声で出来ないのは、もし無視されたらどうしようと思うからではないですか。

もし、無視されても「聞こえなかっただけ」かもしれないし、または相手がマナーを知らない人なだけです。

まったく気にするようなことではありません。

まとめると、「人から自分がどう思われているか気にしない」、「人に期待しない」、「ギブ&テイクの関係を築く」、「いい人になろうとしない」、「表情を明るく」、「挨拶を先手で行う」、をコツコツと実践していれば何も恐れることはないのです。

荒療治も時に有効かもしれません

さて、人付き合いの苦手な人の適職を紹介し、苦手意識の克服法も説明しましたが、思い切って苦手なことに挑戦する方法もあります。

実は営業職をされている人の中には、もともと人付き合いが苦手だったという人も結構いらっしゃるのです。

どうしようもない事情があり営業職をすることになってしまい、日々奮闘するうちに意外と自分の知らない才能が開花したなんてことがあるようです。

避けてばかりでなく、自分から苦手な場所へ飛び込むと案外うまくいくことがあるかもしれません。

最後までお読みいただきありがとうございました。この記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

【スポンサードリンク】

他にも人間関係に関する記事は
職場の人間関係でお悩みの方必見!同僚女性やおばさんのひがみや陰口の対処法!
がありますのでご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です