北朝鮮攻撃いつ始まるのかについて アメリカ計画開始はいつ?トランプのシナリオは?

IMG_7216

4月25日までに米空母のカールビンソンが朝鮮半島近海に移動する予定ですが、北朝鮮の出方によっては即戦争に突入する可能性があるため緊迫した状況がしばらく続きそうです。

アメリカとしては北朝鮮への威嚇という考えが大きいかと思いますが、2017年に入ってから韓国軍と合同でネイビーシールズなどの特殊部隊が訓練を行なっており、先制攻撃を考えている可能性もゼロでは無いかもしれません。

今回は、アメリカから北朝鮮へ攻撃を仕掛ける場合計画開始はいつ始まるのか、トランプ大統領はどのようなシナリオを考えているのかについて見ていきたいと思います。

【スポンサードリンク】

北朝鮮攻撃いつ始まる?アメリカ計画開始について

IMG_7218出典:
http://japanese.donga.com/List/3/all/27/412107/1

原子力空母カールビンソンが率いる米空母攻撃群は朝鮮半島へ向かっていますが、表向きは「(朝鮮半島への)プレゼンス(存在感)を高める必要性を感じている」ためといっていますが、先制攻撃を仕掛けることは考えていないのでしょうか?

そもそも国際法としては自国に脅威が及ぶような状況でないと他国への攻撃は認められない事になっています。

ですので、基本的には北朝鮮が何かしらの攻撃をしてこない限りはアメリカも何もできないはずです。

しかし、シリアの化学攻撃の直後、アメリカはこの国際法を無視してシリアを爆撃しました。

アメリカが行なったことは違法で法的裏付けがない行為であるものの、シリアで行われた化学攻撃は化学兵器禁止条約違反であるため、国際人道法に沿った論理の一貫性は認められると見られ、多くの国がアメリカのシリア爆撃に対し理解を示しています。(引用:
http://lite.blogos.com/article/217432/)

【スポンサードリンク】

北朝鮮はこれまで世界中に対して様々な害を与えてきたので、アメリカが北朝鮮へ先制攻撃を仕掛けたとしても、世論はアメリカを批判しない可能性がとても高いでしょう。

北朝鮮とアメリカの間では睨み合いが続くと可能性が高いと別の記事で書きましたが、シリア空爆後の今のアメリカであれば北朝鮮からアメリカに攻撃を仕掛けてこなかったとしても、アメリカがシリア基地のミサイル空爆を行なった時のように強気に出る可能性も考えられそうです。
IMG_7219出典:
http://jp.wsj.com/public/page/0_0_WJPP_7000-414525.html

攻撃開始のタイミングは、北朝鮮が次のミサイル実験を行なった後などが考えられるかと思います。

先制攻撃を行うとしたら、アメリカとしてはより出来るだけ世論を味方に付けられるタイミングで攻撃を行いたいところですので、北朝鮮になんらかの動きを見せた直後に攻撃を仕掛ける可能性が高そうです。

【スポンサードリンク】

アメリカは恐らく現時点ではわざと北朝鮮を空母で威嚇し、北朝鮮が強がった行動を見せたところを叩こうとかまでは考えてはいないかと思われますが、結果的にそういった形で開戦になる可能性は十分ありそうです。

カールビンソンが待つ戦闘能力だけで北朝鮮の持つ戦力全てを掌握できるほどだと言われているので、もしアメリカが本気で攻撃を仕掛けた場合刈り上げ金正恩政権のXデーはあっという間に訪れるでしょう。

シリアの化学攻撃から世界の情勢が大きく動いていますが、トランプ大統領がこのまま一気に北朝鮮問題も終結へ向かわせるのかどうか注目していきたいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました!

【スポンサードリンク】

他にもニュースに関する記事は、
北朝鮮のミサイルが日本に落ちたらどうなる?発射する目的はなぜ?迎撃は可能?
がありますのでご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です