貴社と御社の違いと使い分けについて!メール・履歴書ではどちらを使う?

images

貴社と御社の違いと使い分けについて!メール・履歴書ではどちらを使う?
images
貴社と御社ってどんな違いがあるの?貴社と御社って同じ意味じゃないの?

就活生や新社会人はこのの意味の違いに履歴書を書くときやメールを送る時に疑問に思う機会も多いのではないでしょうか。

ひょっとすると、社会人歴が長くても、貴社と御社の違いがわからないという方もいるかもしれません。

せっかく頑張って就職活動をしても、たった1回の使い分けミスでビジネスマナーがなっていないと言われてしまったらもったいないですよね。

今回はそんなミスを無くすべく、貴社と御社の違いや、面接・履歴書・メールなどの場面によっての使い分けについてまとめてみました。

【スポンサードリンク】

貴社と御社の意味の違いは?

貴社と御社も、相手の会社を敬うための言葉。

ちなみにその対義語が、自社を謙譲する弊社です。

貴社と御社も、意味は全く同じです。

辞書にも共に以下のように記載があります。

「相手を敬って、その人が属する会社などをいう語」

では、何故2種類あるのでしょうか。

答えはとても簡単。

話し言葉は御社(おんしゃ)、書き言葉は貴社(きしゃ)という、使い分けのためなのです。

「記者が汽車で貴社に帰社した」という言葉遊びが存在するほど、貴社は同音異義語が多く、口頭で伝えた際にどの「きしゃ」だかすぐに伝わらない場合があります。

そのため1990年台から、口頭では御社(おんしゃ)を利用するようになりました。

【スポンサードリンク】

メールでも貴社を使ったほうが良いの?履歴書などとの使い分けは?

話し言葉が御社、というのは納得がいっても、なかなか書き言葉が貴社というのは、ピンと来ない方も多いかもしれません。

紙ベースでのやりとりが多かった昔ならまだしも、メールや、就活の履歴書、ES(エントリーシート)にも、貴社と表記するべきなのでしょうか。

正解は「書き言葉である限りは原則・貴社。ただし、一部例外もある」。

就活で用いるESや履歴書、企業の人事の方とのメールはすべて「貴社」が正解です。

これは、貴社の方が御社よりも丁寧とかそういったことではなく、純粋に書き言葉なので、ただしい使い分けをする必要がある、という趣旨です。

履歴書は必ず、貴社と記載しましょう。

他にも、こちらから営業をかけるため初めてアプローチをする会社や、取引先へ一括で送る定型のお知らせ(移転や社名変更など)は、すべて「貴社」が正解です。

では、例外とはどんなときでしょう。

たとえば、既に何度も打ち合わせをしている取引先で、口頭で「御社、◯◯社さん」などと、何度も呼びかけている場合。

これは「御社」で良いでしょう。

「御社」が正解ということでも、「貴社」が不正解ということでもなく、関係性を鑑みて「御社」が自然だということです。

貴社がやや堅苦しい印象を持っていることも事実なので、関係が築けている相手には、壁を感じさせない、対面で話している時と近い表現を使う方が違和感がないでしょう。

御社、貴社の変化球が知りたい!

また、ビジネスマナーとして必ず知っておきたいのが、相手が株式会社や有限会社などの「会社」でない場合。

銀行や病院、信用金庫などは「社」ではないため表現が変わるます。

銀行:御行/貴行
病院:御院/貴院
信用金庫:御庫/貴庫

面接などでも使うことがあるかと思いますので、変わるということだけ、頭の片隅に置いておくと良いでしょう。

【スポンサードリンク】

他にも就職や面接に関する記事は
教育実習でお礼状の封筒などの書き方は?複数人に送りたい場合の宛名の書き方などについて
がありますのでご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です