大坂正明が逮捕に!?指名手配で現在まで潜伏?時効不成立や桐島聡との関係について

IMG_7678

1971年に起こった渋谷暴動事件の犯人として指名手配されていた、大坂正明容疑者(67)と見られる男性が公務執行妨害で逮捕されたとの報道がありました。

大坂正明容疑者と言えば、指名手配のポスターで見たことがある方も多いと思いますが、46年間も潜伏生活を送っていたそうで、どうやって捕まらずにいたのかとても気になるところです。

今回は、逮捕になった大阪正明容疑者がなぜ時効成立で無罪にならないのか、同じく長期にわたって指名手配されている桐島聡と面識はあるのかなどを見ていきたいと思います。

【スポンサードリンク】

大坂正明 広島で逮捕?時効成立せずに指名手配されてる理由は?

IMG_7677(出典:
http://tono.hatenablog.com/)

大阪正明容疑者は、1971年11月14日、日本新左翼党派(中核派)の学生が渋谷で暴動を起こし、渋谷で警戒中の機動隊や派出所を襲撃した事件の際、機動隊の中村恒雄巡査を鉄パイプで殴り、さらに火炎瓶を投げ付けて焼死させた罪に問われています。

大阪正明容疑者が41年間も逃亡していて時効成立にならない理由は、事件の共犯者が逮捕されましたが、事件の約10年後に精神疾患にかかり、事件の公判が停止した状態になった事が理由だそうです。

また、さらに2010年から時効という制度がなくなり、大阪正明容疑者が時効成立で無罪になる可能性は無くなりました。

【スポンサードリンク】

IMG_7679(出典:
http://ameblo.jp/sukattostaff/)

大坂正明容疑者と同じく長期間指名手配されている桐島聡容疑者は1974年から1975年にかけて起きた連続企業爆破事件に関与した罪に問われていますが、現在は死亡してるかさえわかっていません。

桐島聡容疑者の場合は共犯者が国外逃亡した事で事件の公判が停止した状態が続いているとの事です。

桐島聡容疑者は大学は明治学院で、大坂正明容疑者については出身大学は不明ですが、事件が起きた時期も違いますし、同じ過激左翼団体に属していたと言うものの、別の思想を持つ団体なので、直接接点はないと思われます。

ですがもしかしたら同じ潜伏している過激派同士、何かの情報を共有している可能性も0ではないかもしれません。

大坂正明容疑者も、桐島聡容疑者も、共犯者が精神病になったり、国外逃亡で公判が伸びて時効が成立しなくなったと知った時はさぞかしとても悔しい思いをした事でしょう。

広島のマンションで別事件である過激派と見られる男性を逮捕しようとしたところ、そのマンション内に大坂正明容疑者とみられる男性もおり、捜査員に暴行を働いたため公務執行妨害で逮捕したとの事ですが、よく狭い日本で46年も逃げ続ける事ができたものだと不思議に思います。

まだ今の段階ではわからないことだらけですが、大坂正明容疑者の経歴や生い立ち、逮捕された場所、詳しい経緯など、また、大坂正明容疑者である確証はDNA鑑定で得られるとの事で、今後明らかになる情報に注目していきたいと思います。

最後までご覧頂きありがとうございました!

【スポンサードリンク】

他にもニュースに関する記事は、
渋谷恭正容疑者 Facebookの子供は息子と娘?(千葉小三女ネット書き込み犯人)
がありますのでご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です