お中元・お歳暮を上司や取引先に贈る時期や贈る際のマナー・贈り物の相場について紹介!

PAK85_prezentribon1278_TP_V

PAK85_prezentribon1278_TP_V
お中元、お歳暮は、感謝の気持ちを込めて、お世話になっている上司や取引先の人へ贈ることが多いです。

まず初めに確認したいのですが、会社の取決めで上司や取引先に「お中元やお歳暮をしない」となってはいませんか?

もし、しないように決まっているならお中元やお歳暮は必要ありません。

分からない場合は先輩に聞いてみてはどうでしょうか。

上司や取引先にお中元やお歳暮を贈るのを先輩方がしてないという場合は、それに合わせるのがいいと思います。

相手との関係を円滑に保つ為にも、お中元やお歳暮を贈る際のマナーに関してはしっかりと気を配る必要があります。

お中元やお歳暮を上司やお得意様に贈りものをするという場合、贈る際のマナー、また贈る時期や相場などついて紹介します。

【スポンサードリンク】

お中元やお歳暮を上司やお得意様に贈るのに最適な時期はいつからいつまで?

一般的にはお中元はお盆の前までに贈るものとされています。

関東地域は新暦でお盆を行うので6月下旬~7月15日までとされているそうです。

関西地域をはじめ、北海道、東北、中部、中国、四国、九州などは旧暦のお盆のため、お中元は7月上旬~8月15日までと言われています。

つまり関東だけは、お盆が新暦だからお中元も早いということを覚えておけば大丈夫です。

全国的に7月初旬~7月15日までが標準となっています。

贈る時期が過ぎた時は、表書きを「暑中見舞い」「残暑見舞い」として贈ります。

でもだんだん早まる傾向で、現在は6月に入ると贈るということも多くなっています。

6月になると売り場も開催されるようです。

ではお歳暮の時期はいつからいつまででしょうか?

お歳暮を贈る時期は、前倒しの傾向が高くなり、11月末から贈り始めることも少なくありません。

正月を迎える事始めの日から贈る風習があるので、地方(関西地方など)によっては12月13日から贈り始める所もあるようです。

忙しい年末は避けて、できる限りですが、仕事納め前の25日までに贈るようにしましょう。

贈る時期が過ぎて年明けを迎えてしまった時は、1月7日までなら「御年賀」、その後は「寒中御見舞」として贈ります。

【スポンサードリンク】

贈る時のマナーについて

お歳暮とお中元のどちらか一方だけを贈る場合、そんな時は一年分の感謝の気持ちを表すお歳暮を贈るのが一般的です。

習慣性が強いので「今年贈ったから、来年は贈らない」とはできません。

「今年お世話になったから、何か贈りたい」と思った時は「お礼」として贈ります。

贈る物の選び方と相場

・物の選び方

まず、贈り先の家族構成や好みを考えましょう。。

仕事や人柄、いただき物が多いと思われる相手に送る場合はかさばらず、何にでも使える商品券やギフト券などを贈る手もあります。

ただし上司や目上の人に贈るのは、避けた方が良いです。

上司の年齢が少しお年を召した方でしたら、お茶や和菓子などを選ぶのがいいでしょう。

上司や目上の方には、基本的に食べ物を贈るようにするといいかと思います。

・値段の相場

お世話になっている程度や相手によって値段は異なります。

上司、取引先、お客様へは3,000~5,000円前後。
特別にお世話になっている人 5,000円~10,000円程度がベストでしょう。

また、贈る人の年齢層によっても金額は前後します。
20~30代の若い人ならば3,000円程度。

40代だと、5,000~6,500円が目安です。

お歳暮に関しては「1年間お世話になった感謝の気持ちを表す」という意味があるので、お中元より若干高めの贈答品を贈ることが多いです。

贈る際に気を付けること

贈る際に気を付けることとして、珈琲や漬物、お酒などはあまり選ばないようにした方がいいです。

これらのものは、好みがあるためです。

珈琲をまったく飲まない人もいますし、飲んでもブランドの拘りがある場合が多いです。

注意すべき物は、以下です。

コーヒー
漬物
お酒(飲まない人もいます、好きなお酒もあったりします)
ゼリー(嫌いな人も多いです)
洗濯洗剤(肌が荒れるからと、メーカーを選ぶ人が多いためです)

まとめ

お中元、お歳暮は一度贈ったら今後ずっと続くものです。

贈る前に先輩方、会社の方針などしっかり事前調査してから考えるようにしましょう。

また上司に贈る際は、その方の好みなどしっかり調査してから贈るように気を付けましょう。

相場はお世話になっている程度ですが、気持ちが大事だと思います。

お中元、お歳暮は絶対贈らなくてはならない物出はありませんが、こういうやり取りもとても大切だと思います。

お互い、面倒だと思わない程度で感謝の気持ちが伝わると嬉しいですね。

【スポンサードリンク】

他にもお祝いや贈答に関する記事は
兄弟の新築祝いはいくらぐらいが相場?親や友人のケースやお返しについても紹介!
30代の男性へのプレゼントで予算3000円の場合オススメは?異動の送別会・友人・クリスマス・上司へなどケース別に紹介!
がありますのでご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です