お通夜のマナーについて!香典の金額や包み方や中袋の書き方など

yjimageX3A2W2QN

お通夜は遺族などの近親者が故人と最後に過ごす夜です。

最近では、お葬式に出席できない人がお通夜に出席し、お焼香をあげるということが増えているようです。

突然やってくる訃報。

あなたは故人や遺族に失礼のない大人のマナーができますか?

「香典の金額はいくら包んだら良いの?」「包み方や中袋の書き方は?」「お通夜にはどういう服装でいけばいいの?」など

今回は、知っておきたい最低限のお通夜のマナーについて調べました。

【スポンサードリンク】

お通夜のマナーについて。失礼のない香典の金額は??

訃報の知らせを聞いたらまず香典の準備が必要です。

ではその香典の金額はいくらぐらい包めばよいのでしょうか?

ここでは一般的な金額をご紹介します。

両親の場合3万円~10万円

兄弟・姉妹の場合 3万円~5万円

祖父母、叔父、叔母の場合 1万円~5万円

それ以外の方の場合 3千円~1万円

香典の金額は個人との関係の深さや贈る側の立場によっても変わってくるので、上記の金額はあくまでも目安として参考にしてください。

また、香典に包む紙幣は新札はNGです。

あたかも用意していたかのような印象を与えてしまい大変失礼にあたります。

使用済みの紙幣を包むようにしましょう。

中袋の書き方について

さて金額が決まり、次は香典袋に入れる中袋に必要なこと記載します。

中袋の裏面に「入れた金額、住所、氏名」を書きます。

筆で書くのが一般的ですが、ペンで書いても問題ないようです。

金額は漢数字(一は壱、二は弐、三は参、万は萬、円は圓)で書きます。

また、香典袋に住所などを書いた場合でも中袋にも記入しましょう。

そうすることで香典の管理をする喪主側が整理しやすくなります。

次に、香典袋に名前を書きます。

この時、普通の筆ペンで書いてはいけません。

表書きは「涙で墨の色もにじむ」という意味から薄墨で書くのが正式なマナーです。

さて受付で香典を差し出すときにも注意が必要です。

準備した香典はふくさに包んで持参するのが基本です。

ふくさがない場合は地味な風呂敷か白いハンカチに入れて持参しましょう。

【スポンサードリンク】

お通夜に適した服装は?

お通夜でのマナー。

最後は最も目に付く服装です。

突然の訃報に会社帰りのスーツ姿…よくある話です。

お通夜は訃報を聞いてすぐに参列する場合が多いので、地味な平服であれば、普段着でも良いとされてきました。

しかし、最近はお通夜だけに参列する場合も多く、故人と最後の別れになるので略装喪服を着ていく方が増えているようです。

男性の場合は、黒のスーツに、白のシャツ、無地の黒のネクタイ、黒い靴が一般的なようです。

女性は、黒いワンピースや黒のスーツが一般的です。

ストッキングや靴、カバンも黒にしましょう。

髪型やメイクも控えめで、ネイルも華美なものは避けましょう。

アクセサリーは結婚指輪はOKです。ネックレスもパールの一連のものがよいでしょう。

男女ともに共通するものとして、時計やハンカチなどは華美なものは避けましょう。

また、ゴールドの金具のついたものも控えましょう。

基本的に、控えめに、華美なものは避けるというのが鉄則です。

また気をつけたいのが、遺族、親族よりも格上の服装は避けましょう。

最近は遺族もブラックフォーマルを着用する場合が多いので、格上の正式な喪服は避けたほうがよいでしょう。

いかがでしたか?

お通夜は大変デリケートな場だけに、気をつけなければいけないことがたくさんあります。

【スポンサードリンク】

古来から伝わる風習や受け継がれてきたマナーを学んで、自然と大人の振る舞いができるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です