親知らずの腫れを市販薬で抑えるのにおすすめの薬は?痛みを止めた後のケアの方法について

image

image親知らずが突然痛み出して、歯茎やほっぺたが腫れてしまったという経験はありませんか?

急に親知らずが腫れてしまい、 病院に行くまで我慢できない!と言う時に市販薬で腫れを抑えるという方法があります。

親知らずの腫れを抑えるのにおすすめの市販薬を調べてみました!

さらに、親知らずの腫れを抑えた後にやるべき事についても知っておきましょう。

【スポンサードリンク】

突然の親知らずの腫れを抑えるのにおすすめの市販薬は?

親知らずが原因で、歯茎が腫れるとほとんどの場合痛みが伴うので、とても辛いですよね。

突然歯茎が腫れた時に、歯医者さんに行くまでの間、腫れを抑えるのに効果がある市販薬を調べてみました。

・ロキソニンS

腫れや痛みを抑える市販薬として有名なロキソニンS。

親知らずによる歯茎の腫れや痛みも抑える事ができます。

もともと胃にも優しいお薬ですが、それでも胃が弱くて服用するのが心配な方には、胃を守る酸化マグネシウムという成分が入った「ロキソニンSプラス」もあります。

しかし、「ロキソニンS」は一時的に痛みを抑える為のお薬です。

服用後に腫れや痛みが緩和したからと言って、痛みの原因である炎症を治療できる訳ではないので気を付けましょう。

・イソジンきず薬

イソジンといえば、うがい薬の市販薬として有名ですよね。

親知らずによる腫れの原因として、口の中に細菌が溜まり炎症を起こしている可能性が考えられます。

殺菌、消毒で腫れを抑えるのに良いのがイソジンきず薬です。

親知らずを治療した後にも、イソジンきず薬で口内を清潔に保つ事により、病院で抜歯をした後の痛みや炎症を和らげる効果もありす。

【スポンサードリンク】

親知らずによる腫れを市販薬で抑えた後にやるべき事

市販薬により、親知らずの腫れや痛みを抑える事ができるという事が分かりました。

親知らずによる腫れや痛みを繰り返さない為に、市販薬を使用した後にやるべき事があります。

それは、歯医者さんに行って治療を受ける事です。

親知らずによる腫れや痛みは、市販薬で抑える事ができても根本的に治す事はできません。

腫れや痛みを繰り返さない為にも歯医者さんで適切な治療を受けましょう。

親知らずは、歯磨きで磨きにくい生え方をしている為に、毎日の歯磨きでは汚れを落としきれずに細菌が溜まって炎症を起こしたり、虫歯の原因になりやすいので抜歯をする事が多くなります。

親知らずの生え方にもよりますので、抜歯をするべきかどうか医師に相談しましょう。

抜歯の他にも、歯医者さんでは口内の洗浄、抗生物質での治療、炎症を起こしやすい状態の歯茎を細菌が溜まらないように切除するなど様々な治療方法があります。

市販薬で腫れを抑えた後には、歯医者さんに行って再発防止をしましょう。

親知らずによる腫れや痛みを放っておくと…

親知らずによる腫れを市販薬で一時的に抑えても、腫れや痛みは何回も繰り返す可能性があります。

何回も繰り返す事で痛みが起こらない方の歯で噛むようになり、噛み合わせが悪くなってしまう事も考えられます。

また、磨き残しが原因で細菌による炎症を起こしている場合は親知らずが虫歯になっている可能性もあるので、必ず歯医者さんで見てもらいましょう。

まとめ

親知らずによる腫れや痛みは、場所や時間を問わずに起こる可能性があります。

そんな時に市販薬で抑える事ができるのは大変助かりますよね。

しかし、市販薬で腫れや痛みを抑える事を繰り返すのは危険です。

親知らずや虫歯の治療に関して自分で判断せずに必ず歯医者さんで見てもらいましょう。

【スポンサードリンク】

他にも健康に関する記事は
禁煙の禁断症状で眠いのはいつまで続いていつ頃がピーク?
がありますのでご覧ください?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です