散歩の効果的な時間帯は?朝と夜・食後と食前いつがいい?

%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e7%94%bb%e5%83%8f

%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e7%94%bb%e5%83%8f
散歩というとあてもなくブラブラ歩くというイメージですよね。

しかし散歩がもたらす意外な効果があります。

せっかくなら効果的な散歩をしたいですよね。

では散歩はをするのに良い時間はあるのでしょうか?また、食事の前と後で行うのでは違いがあるのでしょうか?

今回は散歩に一番効果的な時間帯を、朝と夜、食前食後で比べて明らかにしたいと思います。

散歩の効果的な時間帯は?散歩とウォーキングの違いはあるのか

散歩とウォーキングの違いはあるのでしょうか?

一般的に散歩と言えば目的もなくブラブラあてもなく歩くことで、ウォーキングは目的をもって歩くことと定義されているようです。

しかし、散歩もウォーキングも歩くことに変わりはありません。

ここではウォーキングの意味も含めた散歩の効果をご紹介します。

朝の散歩と夜の散歩どちらが効果的か

朝歩いている人や夜歩いている人、どちらもみかけますよね。

では、実際はどちらがいいのでしょうか?

それは答えを先に言いますが、どちらでも自分の生活にあった時間で散歩をすればよいのです。

朝の散歩のメリットとデメリット。

朝起きた空腹状態の時は血糖値が低くなっています。

血糖値が低い状態で運動をすると必要なエネルギーを体内の脂肪を燃焼させて補うのでダイエット効果が高くなります。

また、朝日光を浴びると体が目覚めて体内時計がリセットされます。

出かけるまでの時間を使うので、ダラダラせずにテキパキと動く習慣がつきます。

では、朝の散歩のデメリットは何でしょうか?

それは、ずばり朝起きが苦手な人には無理なことです。

早寝早起きが苦痛で仕方ないのならば、無理に散歩をするのは逆効果です。

続けられなければ意味がありません。

健康上に問題がある人も朝の散歩はお勧めしません。

血圧が高い人は朝最も高くなる傾向があります。

その状態で散歩をするのはよくありません。

また、血糖値が低い状態が良いと言っても空腹で行うと貧血や立ちくらみを起こしたりします。

軽くカロリーの低いものを食べてから散歩をする方がよいでしょう。

夜の散歩のメリットとデメリット

夜散歩をすることで得られる効果は何でしょうか?

まずは寝つきが良くなり睡眠の質を上げ快眠できることです。

ただし、寝る1時間から2時間前までに行いましょう。

軽く運動することによって一日のストレスをリセットする効果があります。

テンポよく歩くことでセロトニンが活性化されすっきりした気分になれます。

朝あわただしく行動するよりも、夜に時間を取れるなら夜がいいでしょう。

紫外線を気にする女性も夜なら安心です。

夜の散歩のデメリットというか気を付けなければならないことがあります。

寝る直前に散歩を行うと逆効果で眠れなくなってしまいます。

必ず最低でも寝る1時間前までには散歩から帰ってきてください。

散歩とは直接関係ないですが、暗いので事故や防犯に十分気を付けなければなりません。

食前と食後の散歩ではどちらが効果的なのか

ダイエットを目的とする場合は朝、食事の前に散歩をするのが効果的だとお伝えしました。

夜も食事前であれば血糖値が下がっているので効果はあります。

そうなると食後はよくないということになりますね。

なぜかというと食後は血液が胃に集まっています。

その状態で運動をすると消化が悪くなります。

また、食後後すぐはまだ血糖値が低い状態なのでそのまま運動すると倒れたりする可能性があります。

まとめると食前の方がダイエットには向いています。

ただし、空腹では健康面でよくありません。

軽く何かをお腹に入れてから散歩を行ってください。

ダイエット食品など利用するとよいでしょう。

散歩で自律神経のバランスを整える

自律神経が乱れると心身ともにいろんな形で不調が起こります。

目まい、頭痛、肩こり、うつ、胃痛・・・・などなど。

自律神経は呼吸でコントロールすることができます。

散歩は呼吸を整えながら行うことができます。

それに日光を浴びたり、自然の景色を見たり心身に良い影響を与えます。

ゆっくり呼吸しながら散歩をすると副交感神経が刺激され血流がよくなります。

血流が良くなることで筋肉が緩みリラックスできるのです。

やることに意味がある

散歩を朝と夜どちらに行うのが良いか、食前と食後どちらの行うのが良いかを述べてきましたが、
結局はやらなければ意味がありません。

朝起きられなかった、夜時間がなかった、食事をしてしまった、食事をする時間がないなど、
言い訳ばかりをしていたら続けることはできません。

外に出て外の風に当たり、プラプラ歩くだけでも何かしら効果はあると思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。この記事が皆様の生活のお役に立てれば幸いです。

【スポンサードリンク】

他にも健康に関する記事は
朝シャワーと夜風呂の両方のメリットとデメリットとは?
がありますのでご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です