食事での食べ方・マナーを子供に教えたい方必見!きれいに見える効果的なポイントは?

image

子供に食事のマナーを教えるのって本当に難しいですよね。

親も子供も楽しくコミュニケーションをとりながら食事をしたいのに、食事での食べ方について口うるさく言っていると楽しいはずの食事の時間は台無しです。

しかし、子供のためにも食事のマナーはしっかり教えておきたい!

今回はそんな方のために食事での食べ方のマナーがきれいに見える効果的なポイントを解説します。

【スポンサードリンク】

子供に教えたい食事マナーは、きれいに見せる食べ方

礼儀作法に厳しい日本では、細かい所にまでたくさんの食事マナーがあります。

食事をする時に、一緒に食事をする人を不快にさせないように子供の時から食べ方には気を付けたいですよね。

しかし、小さい時から細かいマナーまで教えて、食事を楽しむ事が出来なくなっては大変です。

子供に食べ方のマナーを教えるには、きれいに食べるポイントを教えてあげる事が大切です。

きれいに食べるポイントは次の3つです。

口を閉じて噛む

くちゃくちゃと音をたてて食べると、一緒に食事をする人は不快です。
「くちゃくちゃ音をたてない!」と怒るのではなく「お口を閉じて食べようね」と上手にできる方法を教えましょう。

口に物が入っている時は話さない

子供は思いついたらすぐにお話ししたくなります。

しかし、口に物が入ったまま話すのはマナー違反です。

根気よく「食べ終わってから話そうね。」と声をかけましょう。

犬食いはしない

小さな子供にとってお箸を使うのはとても難しい事です。

疲れてくるとご飯を口で迎えにいってしまう子供も少なくありません。

犬食いは見た目も良くないので気を付けましょう。

子供の食事マナーで一番身に付けたいのは、食べ方にも影響する正しい姿勢!

食事中に立ち歩いたり、肘をついて食事をしたり、大人にとってはありえない行動も子供にとってはついやっちゃう行動なんです。

食べ方の姿勢について子供に覚えてほしい食事マナーについて解説します。

挨拶は徹底する

「いただきます」「ごちそうさま」は必ず言うように徹底しましょう。

作ってくれた方への感謝の言葉だけではなく、食べ物となってくれた生き物に対しての感謝の気持ちも込めて挨拶するように伝えましょう。

姿勢は正しく

簡単なようでとても難しいのが、食事の姿勢を正す事です。

大人でも気づけば猫背になっている方も多いのではないでしょうか。

正しい姿勢は消化を良くする効果もあります。

「ママと一緒にやってみよう」などと声をかけて根気よく見守りましょう。

食事が終わるまでは立ち歩かない

子供は食事だけに集中しようと思っても長時間は続きません。

食事の時間は子供の気が散ってしまいそうな物は片づけておく、食事の前にトイレを済ませるなどの習慣をつけましょう。

【スポンサードリンク】

気になる子供の食べ方は、時間をかけて食事マナーを教えよう

子供の食事マナーは何歳から教えれば良いのでしょうか。

実は、座って食べる事や挨拶などの習慣は離乳食期から教えておくのが理想です。

お箸のマナーについてもお箸を使い始める頃から少しづつ教えるとスムーズですし、食事中の気を散らさない工夫も小さい頃からしておいた方が立ち歩かなくなるでしょう。

しかし、ある程度大きくなっていても諦めずに教える事で必ず食事のマナーは身に付きます。

まとめ

小さい頃から食事のマナーを教えたほうがいいと分かっていても、実際に子供の食べ方が気になるのはある程度大きくなってからなのではないでしょうか。

子供に食事のマナーを教えるのに一番大切なのは根気よく伝える事です。

焦らずにゆっくりとマナーを教える事で子供も自然とできるようになりますよ!

最後までお読みいただきありがとうございました。この記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

【スポンサードリンク】

他にも出産・子育てに関する記事は
産後の体重の減り方の平均は?2人目出産時から減り方変わる?
がありますのでご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です