通風(痛風)の原因は?足首に痛みの症状が出たら要注意!通風に良い食べ物とは?

image

image
通風(痛風)と言えば、30〜40代の男性がかかる病気というイメージが強いのではないでしょうか。

通風(痛風)で足首などが痛くなる原因は仕事のストレスだったり枝豆、ビールが原因と言われることが多いですが、通風(痛風)になるのは実際にはそれらのストレスや枝豆、ビールなどが主な原因なのでしょうか?

ストレスや枝豆やビールは実際はどう通風(痛風)と関係あるのか、また、主な通風(痛風)で足首が痛くなるなどの症状を患ったときに食べる物でよいものを詳しく見ていきましょう!

【スポンサードリンク】

通風(痛風)で足首に痛みの症状が出たりする原因はストレスや枝豆?

通風(痛風)の主な原因をご紹介しましょう。

通風(痛風)は、尿酸が身体の中に溜まり針状の結晶となって激しい痛みが出る関節炎です。

原因としては、食生活の乱れ、食べ過ぎ、アルコールの飲み過ぎ、過度のストレスなどがあげられます。

ストレスを長期間感じると、尿酸の排出がうまくできなくなります。

その結果、通風(痛風)の症状が出やすくなります。

そんなストレスを緩和する効果のあるアルコールも飲みすぎると通風(痛風)の原因となってしまいます。

特にビールは、尿酸の元となるプリン体が多く含まれるので気をつけなければいけません。

枝豆を食べると通風(痛風)になるという話があります。

実は枝豆にはプリン体が多く含まれています。

しかし、通風(痛風)になったからと言って絶対に枝豆を食べてはいけないと言うわけではありません。

枝豆には良質のタンパク質やビタミン、食物繊維と身体にとって摂り入れるべき栄養価が豊富です。

プリン体が含まれるからと言って全く食べないのではなく、食べ過ぎずに上手に食べましょう。

【スポンサードリンク】

通風(痛風)の症状

ストレスもなく、食べ物も体によいものを食べるようにしている方でも通風(痛風)ではないかと心配になる事はありませんか?

通風(痛風)の症状にはどのようなものがあるのでしょうか?

通風(痛風)の初期症状について解説します。

主な初期症状としては、膝や足の指に痛みを感じる、膝の関節に炎症が起こる、足の指の変形、痛みが長時間続くなどがあげられます。

症状が進行してくると、痛みが出る間隔がどんどん短くなってきたり、痛みが出る箇所が増えてきます。

さらに進むと、尿路結石や血尿を発症し、腎不全や動脈硬化などの病気を発症しやすくなってしまいます。

通風(痛風)を発症しやすい人の傾向は、30〜40代の男性が圧倒的に多く、発症する割合は男性が全体の90%を占めています。

女性で発症する人は大半が更年期を過ぎた方です。

通風(痛風)によい食べ物

通風(痛風)にとって最も気をつけないといけないのは肥満です。

肥満にならないように、身体によい食べ物を食べる事以外にも早食いや夜遅く食べる事などは避け、生活習慣にも気をつけましょう。

プリン体を多く含むレバー、卵黄、かつお、えび、アルコールは出来るだけ控えましょう。

また、水分をたくさん摂ると尿酸が排出されやすくなるので積極的に水分をとりましょう!

食品では、尿をアルカリ性にしてくれる海藻、野菜、きのこ、大豆などを食べる事をオススメします。

まとめ

通風(痛風)はなかなか症状が出ない事がある病気です。

しかし、早期発見、早期治療で合併症を防げる事もあるので、少しでもおかしいと思ったら病院に行きましょう。

【スポンサードリンク】

もし通風(痛風)になってしまったら、生活習慣に気をつけてバランスのよい食事を心がけましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です