山口敬之(ジャーナリスト)の写真や経歴 フェイスブックは?詩織さん事件で御用に?

IMG_7769

とくダネなどテレビ番組にも数多く出演している著名ジャーナリストの山口敬之氏が、2015年4月当時就職面接に来ていた詩織さん(28)に対し、食事後意識を失っている最中に性的暴行を行なったとして起訴されました。

しかし結果的に書類送検になり、詩織さんは2017年5月29日に検察審査会に不服申し立てをした事が明らかになりました。

詩織さんは顔も公開し会見を行いましたが、数々の証拠が出揃い、山口敬之氏は詩織さん事件で御用になるはずだったのに、結局起訴にならなかった事に対し悔しさをにじませています。

今回は、事件を起こした疑いを持たれている著名ジャーナリスト山口敬之氏について、写真や経歴、フェイスブック、詩織さんへの謝罪メール全文などで見ていきたいと思います。

【スポンサードリンク】

山口敬之(ジャーナリスト)の写真と経歴 フェイスブックは?詩織さん事件で御用にならない理由が気になる!

IMG_7768(出典:
http://saigaijyouhou.com/)

こちらの画像が山口敬之氏ですが、山口敬之氏は慶應義塾大学卒業後1990年にTBSに入社し、1993年にロンドン支局に特派員として赴任しています。

世界各地で紛争や内戦の現地取材などを行い、帰国後は政治部の記者などを担当しました。

2013年ワシントン支局長に就任後、ベトナム戦争時に韓国軍慰安所があった事を指摘する記事を週刊文春に掲載したことがきっかけで、結果的に支局長の任を解かれ、その後2016年にTBSを自主退社し、フリーのジャーナリストとして活動を行なっていました。

波紋を呼んだ週刊文春の記事を発表したのが2015年3月で、詩織さん事件もこの頃に起きたと見られます。

こちらが、週刊新潮が公表した、山口敬之氏が詩織さんに送った謝罪メールです。
IMG_7764
(出典:
http://jijijitu.xyz/)

こちらが、詩織さんが山口敬之氏に送ったメールと言われています。
IMG_7765
(出典:http://jijijitu.xyz/)
性的暴行だったかどうかについて議論していますが、山口敬之氏は妻子がおり、少なくとも不倫した事は確定のようです。

避妊具なしで行為に及んだ理由を、山口敬之氏は精子の活動が低調な病気だからと答えています。
IMG_7766
(出典:twitter上の画像)
山口敬之氏は詩織さんがベッドに入ってきたから流れで性行為を行ったと言ってますが、自分から2人きりで女性を食事に誘った時点で性行為する気満々ではと感じますが、その辺りはどうなのでしょうか?

この言葉巧みに責任転嫁するところに山口敬之氏の性格が現れてる気がします。

山口敬之氏は2017年5月29日にFacebookでこのようなコメントを掲載しています。

【週刊新潮記事に関する会見について】
週刊新潮の私に関する記事の情報提供者であった女性が記者会見を行ったとの事なので、見解を申し述べます。

まず、私は法に触れる事は一切していません。

ですから、一昨年の6月以降当局の調査に誠心誠意対応しました。当該女性が今回会見で主張した論点も含め、1年4ヶ月にわたる証拠に基づいた精密な調査が行われ、結果として不起訴という結論が出ました。よって私は容疑者でも被疑者でもありません。

もちろん、不起訴処分の当事者は皆、検察審査会に不服申立する権利を有していますから、申立が行われたのであれば、私は今まで通り誠心誠意対応します。

他方、不起訴処分はすでに昨年7月に全ての関係者に伝えられています。私はこの結論を得て、本格的な記者活動を開始しました。

当該女性がもし、純粋に不起訴という結論に不満だったなら時をおかず不服申立していたと考えます。なぜ私がメディアに露出するようになってから行動が起こされたのか、なぜ当該女性の主張を一方的に取り上げた週刊誌の報道が先行したのかなど、今後の対応を検討する為に全体状況を理解しようと努力しています。

なぜ私がメディアに露出するようになってから行動が起こされたのか、など自分が被害者と言いたいようですがその思いも虚しく、フェイスブック上のコメント欄には非難の声が数多く上がっています。

【スポンサードリンク】

今回証拠は多くあったものの山口敬之氏は不起訴になったようです。

警察の捜査によって、タクシー運転手や、ホテルのベルボーイ、ホテルセキュリティーカメラ映像、下着から採取したDNA片の鑑定結果などの証拠が揃い、2015年6月にいったんは山口氏への逮捕状が発行された。しかし、捜査員からは逮捕直前、「上からの指示で、逮捕できなかった」と連絡があったという。
(出典:
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6241404)

一番気になるのは上からの指示という部分ですが、山口敬之氏は「安倍の犬」と言われるほど安倍総理にべったりで、いくつか安倍政権に関する著作も刊行しています。
IMG_7771
IMG_7772(出典:
https://www.amazon.co.jp/)


ツイッター上でも様々な噂が飛び交っていますが、起訴にならなかったのは安倍政権に関する本を出版する予定があったからなんでしょうか?

何らかの国家権力で書類送検になったのであれば決して許されない事で、その辺りについては今後徹底的に追求されるべきだと思いますが、結局うやむやにされてしまうのか、今後のニュースに注目していきたいと思います。

【追記】
詩織さんが会見に出た当初は山口氏の性的暴行を中心にスポットが当てられていましたが、徐々に詩織さんと民進党との関係にも注目が集まりだしています。

詩織さんの性的行為直後、山口氏に抗議しているメール文もありますので、それはないのではと思ったのですが、詩織さんと山口氏の間のトラブルを攻撃できる材料として民進党が利用したのではという意見など、今現在は様々な見方がされているようです。

どちらにせよ推し量れないほどの政治的な思惑が絡んでいる可能性がとても高そうで、今後真相が解明されるまではもう少し時間が掛かりそうですが、どのような結末になるのか注目していきたいと思います。

最後までご覧頂きありがとうございました!

【スポンサードリンク】

他にもニュースの記事は

田中聖 下半パール写真とは?修正なし画像はタトゥーも?手越祐也と逮捕は関係ある?

2017.05.26
がありますのでご覧下さい。

7 件のコメント

  • 自分から二人きりで女性を食事に・・・・という理論なら、承諾した側もって理論にはならないのでしょうか?
    実際どうなのかは当然私にはわかりかねますが、あまりにも一方的な考察なのではないでしょうか?

    • 確かに、メールの前後の内容によっても事情が異なってきますし、断定は良くなかったと思います。

      なかなか、客観的な意見は難しいですが、出来るだけそれに近づけるように努力します。

      貴重なご意見ありがとうございます。

  • ・起訴→書類送検
    ・検察委員会→検察審査会
    ・不起訴にならなかった→起訴にならなかった

    以上は明白な誤謬と思料されます。

    • 修正致しました

      不起訴にならなかっただと意味が完全に真逆ですね

      申し訳ございません、ありがとうございますm(_ _)m

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です