よく寝る人の性格や特徴は?病気になりにくいのは本当?

image

寝る子は育つという言葉がある程、人間の体にとって重要な時間である睡眠時間。

体の為にもしっかり睡眠時間をとりたいと思っても思うように寝れないという方も多いです。

そんな中で、あなたの周りにもよく寝る人はいませんか?

よく寝る人と、あまり寝ない人にはどのような違いがあるのでしょうか。

今回は、よく寝る人の性格には特徴があるのか、また、よく寝る人は果たして寝ない人に比べて病気になりにくいのかなどの違いについて調べてみました!

【スポンサードリンク】

よく寝る人の特徴は?性格には関係ある?

寝たいのに寝れない人にとって「よく寝る人はいいな」と思いますよね。

よく寝る人に共通する特徴は一体何でしょうか?

よく寝る事ができる人の性格と関係しているのでしょうか?

よく寝る人がよく寝る理由として考えられる特徴を解説します。

・よく寝る体質である

ご飯でもたくさん食べる人と、あまり食べない人がいるように、必要な睡眠時間は人それぞれです。

つまりよく寝る人は、ロングスリーパーと言って体質的に長時間睡眠が必要な人もいます。

遺伝である可能性が高いので、子供の頃からよく寝ていたという場合はロングスリーパーである事が多いでしょう。

・肉体的に疲れている

人間の体は運動などでよく動かすことで疲れて、疲労回復のために睡眠をとろうとします。

特に太陽の光を浴びて運動している人は、体内時計も正確になるので夜にはちゃんと眠たくなるのです。

・年齢によるもの

高齢になるとよく寝ると言われますが、年齢が上がると生活リズムが全体的に早くなるので、朝早く起きる分夜寝るのも早くスムーズに眠れる事が関係します。

このようによく寝る人には、遺伝的な部分や生活リズムに特徴がある事が分かりました。

では性格は全く関係ないのでしょうか?

実は性格的にもよく寝る人の特徴があるのです。

よく寝る人の性格にはどんな特徴があるのか

同じような生活リズムを送っていてもよく寝る人とあまり寝ない人がいます。

その場合遺伝的な特徴以外に性格的な特徴が関係している事があります。

よく寝る人の性格の特徴を見てみましょう。

・マイナス思考な性格

マイナス思考で悲観的な人は精神的に疲れやすくなる為、精神的ストレスを回復するために体が睡眠を必要とします。

つまり、普段は楽観的な性格の人でもストレスを感じた時には睡眠時間が長くなります。

・内向的

内向的な人は、外に出ると人に対して気を使い常に緊張している状態が続くことがストレスになります。

このストレスを回復しようと睡眠時間が長くなります。

【スポンサードリンク】

よく寝る人は病気をしないって本当?よく寝る人の性格や特徴との関係はあるの?

よく寝る人は病気をしないという話がありますが、たくさん寝れば病気にならないという訳ではありません。

実際はしっかり睡眠をとる事で疲労回復して健康な体を維持することで、風邪をひきにくくなるなどの効果は期待できるでしょう。

つまり、よく寝る人が病気をしないという話は間違いではありませんが、性格的な特徴とはあまり関係ないようです。

病気になりにくいと聞くと安心してしまいますが、気を付けなければいけないのが睡眠をとり過ぎる事が「睡眠障害」と言う病気の可能性があるので夜しっかり寝たのに昼間も強い睡魔に襲われるなどの症状があれば医師に相談しましょう。

まとめ

よく寝る人は、生活習慣の特徴や遺伝的要素、性格など様々な事が関係しているんですね!

人間の体にとって重要な睡眠ですから、質の良い睡眠がとれるように心がけましょう。

よく寝て疲労回復する事はとても大切な事ですが、どんなに寝ても眠いと違和感を感じたら一度病院に行ってみましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。この記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

【スポンサードリンク】

他にも睡眠に関する記事は
夜に早く寝る方法は?簡単にできるので頭が冴えて眠れない人におすすめ!
がありますのでご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です