YouTubeやニコニコ動画で収入が入る仕組みは?収益の受け取り方の方法について

image

最近はYouTubeで自分が好きな動画を投稿し、生計を立てているユーチューバーが話題になっています。

ある小学校の小学生に将来成りたい職業のアンケートを取った際、1位サッカー選手、2位にお医者さん、3位にユーチューバーが選ばれたという学校もあるそうです。

自分が好きな動画を配信し、それで生計を立てる事が出来るなんて、とても自由で理想的なライフスタイルだと思います。

そもそも一体YouTubeやニコニコ動画では自分の動画が再生されるとどれぐらいの収入が入るのでしょうか?

また、どのような流れで申請し、収益が発生したらその受け取り方はどのような方法で受け取る事ができるのでしょうか?

今回はYouTubeやニコニコ動画でどのような流れでいくら収益が入るのか、わかりやすく概要についてまとめました!

【スポンサードリンク】

YouTubeとニコニコ動画の収入が入る仕組みは?

image
細かい設定方法などは割愛しますが、YouTubeの場合大まかな流れをざっくり言えば、

の4ステップで準備出来ます。

最終的にはYouTubeの広告で得た収益は、全て他のブログなどの収益と一緒にGoogleアドセンスの収益管理画面でまとめて一元管理されるようになります。
image
月末までに収益管理画面の残高が8000円以上になると、自動的に翌月23日前後自分が登録した銀行に振り込まれます。

Googleアドセンスの審査は難易度は高く無いですが、一次審査と二次審査があり、自分が書いたブログをGoogle側に見てもらい審査してもらうなどの手順があり、一週間ほど時間が掛かる場合があるので注意が必要です。

ニコニコ動画の場合どのように収入が入る?

image
ニコニコ動画で収益をもらう条件は、

です。

詳しい計算方法は公開されていませんが、人気が出るなどするとそれに応じてポイントが貯まり、それが10000ポイント以上になると現金に1ポイント=1円に換金でき、換金時は自分が指定した任意の口座に振り込まれます。

一回の上限30万円までで、それ以上受け取りたい場合複数回申し込む必要があります。

なお、動画を公開しポイントが付与されるまで3ヶ月のタイムラグがあるので注意が必要です。

また、動画だけではなく、静画、曲などでもポイントが貯まるようです。

【スポンサードリンク】

YouTubeとニコニコ動画のおおよそ動画一再生あたりの収益はいくら?

YouTubeの場合、チャンネル登録者数に応じて異なり、また、時期によっても異なりますが、

一再生0.05〜0.1円

と言われています。

ただ、チャンネル登録者数が多い人は0.3円だったり、一時期一再生0.02円しかならなかった時期があるなど、一定では無いようですが、全体的に下がっているわけでは無いようです。

ニコニコ動画で再生されたときの収入は、

一再生0.3〜0.5円

と言われています。

ニコニコの方が収益が高いようですが、YouTubeの方が圧倒的に訪問者が多いことや、ニコニコはアニメやゲームに人気が出る傾向が強いので一概にニコニコの方がいいとは言えなさそうです。

まとめ

個人的な感想ですが、ニコニコでプレミアム会員になる場合を除いたらどちらも基本的に無料なので、どちらにも同じ動画をアップすると良いのではないかと思います。

昔はテレビ番組などでスポーツ選手の姿を見て自然と自分もそうなりたいと思う子供が多かったと思いますが、ユーチューバーになりたいという子供が増えているという事は、最近はYouTubeを見ている小学生が多いのかもしれませんね。

Googleの調べによると、様々なコンテンツの中でも特に動画のトラフィック数が増加の傾向にあり、今後もその割合は増えるとの事です。

もしかしたら、今や自分のウェブサイトを持たないお店がほとんど無いのと同じように、動画もあって当たり前という時代が来るかもしれません。

この大きな時代の波に取り残されないようにしていきたいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました!

【スポンサードリンク】

他にもサブカルチャーに関する記事は、
PS4でレッドデットリデンプション2が販売決定!気になる主人公は?
がありますのでご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です