桐生祥秀 でかい下半身が話題に 彼女や韓国人との噂 身長の真相について 9.98秒の日本人新記録樹立!

2017年9月9日に行われた日本インカレ男子100メートル決勝で、東海大学4年生の桐生祥秀選手が9秒98のタイムをマークし、日本人初の9秒台を記録しました。

参考記録ではない9秒台は初で、本人も驚いており喜んでいる様子が伺えますが、これまではなかなか10秒台を破られない期間が長く続いた事もあり、今回の出来事は今後の日本の陸上界にとってもとても大きな出来事になりそうです。

そんな桐生祥秀選手ですが、桐生祥秀選手には韓国人なので嫌いと言われていたり、彼女は女子陸上選手の土井杏南選手ではないかという噂があります。

その中の一つに下半身がでかい事も話題になっており、下半身がでかいとは一瞬なんの事かと気になりますが、今回は、桐生祥秀選手の下半身がでかいと言われる理由など、様々な噂について見て行きたいと思います。

桐生祥秀 でかい下半身とは?彼女や韓国人との噂 身長の真相について

桐生祥秀選手が9秒98をマークした際の動画がこちらです。


他の選手と比べても下半身の足の太さなどはそこまで大きくありませんが、なぜ下半身がでかいと言われているのでしょうか?

桐生祥秀選手の下半身がでかいと噂されている理由ですが、画像の下部分をいくつか見ているとある事に気づきます。

IMG_8965

(出典:
http://number.bunshun.jp/)


IMG_8966
(出典:
http://stat.ameba.jp/)


IMG_8967
(出典:http://s.kyoto-np.jp/)

桐生祥秀選手から見て左に寄ってる事が多く、陸上選手用のウェアだと余計に目立っていますが、通常時でこうなるのであれば仕方がないですね。

(通常時でなかったらもっとすごい事になりそう)

下半身がでかいと言うのは単なる噂では無いようですが、桐生祥秀選手が韓国人と言われているのは細めの顔つきが理由で言われているだけで、実際は両親共純粋な日本人であり、また、彼女が女子陸上選手の土井杏南選手というのはまだこれといった確証は無いと言われています。

また、桐生祥秀選手の身長は175センチで、身長をサバを読んでいるという噂もありますが、身長が低く見えるだけでそれも単なる噂のようです。

タレントの武井壮は去年、2017年中に日本人から10秒台を切る選手が現れると言っており、武井壮は恐らく山縣亮太選手が達成するだろうと話していました。

IMG_8973

(出典:東海テレビ 武井壮Zより)

IMG_8974
(出典:東海テレビ 武井壮Zより)

達成したのは山縣亮太選手ではなく桐生選手ですが、2017年度中に10秒台を切る選手が現れるという部分は的中したようです。

日本人の陸上短距離走の全体的なレベルが年々高くなっているようですが、2020年の東京オリンピックでも日本人でメダルを取る可能性が出てくるのか、今後のニュースに注目して行きたいと思います。

最後までご覧頂きありがとうございました!

【スポンサードリンク】

他にもニュースに関する記事は、

西野朗の戦術やガンバ大阪などでの現在までの戦績 西野朗技術委員長が新監督に

2018.04.09

青木玄徳逮捕 バンコランとは?ツイッターは削除 仮面ライダーに出演しテニミュでは跡部役に

2018.04.06

みなさんのおかげでしたの後枠は直撃!シンソウ坂上 みなおか後継番組に落胆の声も?

2018.03.24

森田剛と宮沢りえの馴れ初め 結婚前の共演や年の差 子供やキス写真について

2018.03.16

高橋由美子画像 不倫相手との写真 若い頃から現在までの結婚歴や泥酔エピソードについて

2018.03.14
がありますのでご覧ください。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です