紀州のドンファンの職業と会社は?一体何者?家政婦か結婚相手が犯人?

紀州のドンファンの職業と会社とは?

紀州のドンファンという呼び名で有名な実業家の野崎幸助さんが、

自宅でソファに座り下半身が裸で、硬直している状態で死去しているのが発見された事件で、

犯人は家にいた結婚相手の嫁か家政婦の竹田純代さんではないかと疑われましたが、

結局未だに犯人が何者なのか明らかになっていません。

かなりミステリアスな事件ですが、

紀州のドンファンこと野崎幸助さんはわずか一代で50億にも上る財を成したとのことで、

今回は、紀州のドンファンこと野崎幸助さんの生前の職業と、どのような会社を興したのかを中心に紐解いていきたいと思います。

【スポンサーリンク】

紀州のドンファンの職業と会社は?

わずか一代で50億もの財を成した、紀州のドンファンの野崎幸助さんの職業と会社は何だったのか気になりますが、

野崎幸助さんの経歴の概要はこちらとなります。

野崎幸助さんは、地元の中学を卒業後、鉄くず拾いなどをしていたが、コンドームの訪問販売で実業家として成功した。亡くなるまで、酒類販売業を営むほか、不動産業や金融業も手がけていた。
引用:https://www.j-cast.com/

家が貧しく中学卒業後働くのが当然という環境で、

若い頃は卒業後すぐに鉄屑拾いや酒造メーカー販売員、金融業界で働き、

その後昔はまだ珍しかったコンドームの訪問販売をやったそうで、

昼間旦那さんが仕事に出ているあいだに、

家にいる奥さんに「実演販売」していたというエピソードまであるようです。

その時にはすでに給料が一般の当時のサラリーマンの3倍ぐらいもらっていたそうですが、

その後不動産業や金融業でさらに莫大な財産築いていきます。

野崎幸助さんが経営していた金融や不動産、酒類を扱う会社で、

和歌山県の南部の田辺市にあるアプリコという会社があり、

去年は求人を出していたようですが、

今は営業を辞めているようです。

金融会社としてのアプリコの評判はこちらですが、

評判を見ると
取り立てが厳しい
守秘義務が守られない
公正証書を書かされる
すぐに裁判を起こす

と書かれていて、そこまで評判が良くなかったようです。

アプリコは行政処分が行われた事もあり、以下の情報も出ています。

野崎幸助さんが経営していたとされる「アプリコ社」に対しては、和歌山県が2005年12月26日から2006年2月23日まで、業務の停止を命じる行政処分が下っていた。また、アプリコ社を巡っては、2003年にも、弁護士が代理人となって債務整理をする旨の通知を受けたにもかかわらず、債務者宅を訪問したり電報を送りつけるなどしたとして、東京地裁が慰謝料100万円を支払いを命ずる判決が下っていたのだ。

さらに、2006年4月30日には、さいたま地裁で、「免責決定が下されていた元債務者に対して、非常に恐怖感を与える脅迫文を送りつけるなどの悪質な取り立てをしていた」などとしてで、罰金20万円の判決が下されていた。

関係者によると、アプリコ社は全国で広告入りのティッシュを配布するなどして、広く客集めを行っていたようだ。集まった客にクレジットカードのショッピング枠で新幹線の回数券などを買わせ、それを8割から9割程度の値段で買い取る「買取屋」をしていたという。引用:
http://rno.jp/archives/4269/2

債権者に脅迫文を送っていたとのことですが、

そうやって取り立てたお金の利息分は、

主に女性に貢ぐお金になっていたのでしょうか?

犯人は家政婦の竹田純代?それとも結婚相手の嫁のSさん?

野崎幸助さんの家の周りには30を超える防犯カメラが張り巡らされており、

外部から犯人が侵入し野崎さんを殺害した可能性はなく、

家にいた結婚相手の嫁のSさんと家政婦の竹田純代さんの2人が疑われていますが、

2人の家に家宅捜索が入っても何も見つからなかったようです。

野崎幸助さんの体内からは覚せい剤が大量に検出されたとのことですが、

野崎幸助さんには注射の痕などはなく、

覚せい剤を飲み込んだものとみられていますが、

覚せい剤は食事混ぜても必ずわかるほど苦く、

ビールなどにまぜても気づくほどで、

野崎幸助さんはどのようにして体内に大量の覚せい剤が入ったのかについて疑問が保たれています。

野崎幸助さんは体は元気だったものの死にたいと周囲に漏らしており、

週刊誌の記者との取材を急遽早めて欲しいと依頼するなど、

身の回りで問題がいろいろ起きていたようです。

Image:news everyの画像より

2018年2月に結婚した嫁と一緒になった後にそのような事になり、

遺産の4分の3の法定相続分を受け取ることになる嫁のSさんに注目が集まっていますが、

嫁のSさんは野崎幸助さんの会社の従業員に、社長が死んだら私にいくら入るの?と質問したり、

告別式の前に早く東京に帰りたいと漏らすなど、

本当の意味での野崎幸助さんへの愛情は全く無いようです。

野崎幸助さんのお通夜で笑顔でスマホをいじっていたとのエピソードもあります。

遺族から激しい声が飛んだのもこの場だった。通夜を終えて出てきた親族が明かす。

「(55歳年下妻の)Sさんが通夜の最中なのにスマホとタブレットをずっといじっていて、喪主の席にほとんどいないし、誰にも挨拶しない。さらにスマホを見ながらヘラヘラ笑っていたんです。

 この態度に一番年長の親戚が怒り、『笑顔っちゅうのはおかしいで!そんなに死んでほしかったんか!』と大声で怒鳴ったのです」
引用:
https://www.news-postseven.com/

かなりどうしようもない感じですが、

嫁が犯人だとしたら大胆すぎるというか、

逆にもっと演技しろよという感じですが、

捜査の末、嫁が犯人だったと明らかになるのでしょうか?

今は嫁の顔画像も明らかになっていませんが、

今後のニュースの続報がとても気になるところです。

最後までご覧いただきありがとうございました!

【スポンサーリンク】

他にもニュース関連の記事は、

issaに結婚報道 結婚相手や過去の結婚歴や離婚経験は?

2018.06.20

小山慶一郎のスキャンダル音声と写真 旅館貸切事件の中に未成年Aも?

2018.06.06

西野朗の戦術やガンバ大阪などでの現在までの戦績 西野朗技術委員長が新監督に

2018.04.09

青木玄徳逮捕 バンコランとは?ツイッターは削除 仮面ライダーに出演しテニミュでは跡部役に

2018.04.06

みなさんのおかげでしたの後枠は直撃!シンソウ坂上 みなおか後継番組に落胆の声も?

2018.03.24
がありますのでご覧下さい。

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.