大杉漣 急死原因と理由 死因の急性心不全とは 死去前のブログコメントについて

相棒などのドラマやぐるナイのゴチになりますなど様々な番組に出演し、積極的に俳優としての活動を行なっていた大杉漣さんですが、2018年2月21日の深夜ドラマ出演後、急激に容体が悪化し息を引き取りました。

急死の死因は急性心不全との事ですが、今回は急死した原因や理由、また、死去直前のどのような様子だったのか、最後のブログのコメントなどについて見てみたいと思います。

【スポンサーリンク】

大杉漣 急死原因と理由 死因の急性心不全とは 死去前のブログコメントについて

大杉漣さんの最後の様子はこちらですが、本当に直前までは容体に異変が無かった事が伺えます。

2018年2月21日午前3時53分、急性心不全により死去。66歳没。前日の2月20日、ドラマ『バイプレイヤーズ 〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜』の撮影を21時頃に終えた後共演者と食事に行き、23時頃ホテルの部屋に戻った後で腹痛を訴えた。共演者の1人である松重豊と関係者らに付き添われタクシーで救急病院に搬送されたが、病院で家族親族やテレビ東京関係者、同ドラマ共演者などに看取られながら息を引き取った。同ドラマ共演者(遠藤憲一、田口トモロヲ、松重豊、光石研)からも追悼コメントが寄せられ、21日放送の同ドラマでは、番組終盤に追悼テロップが表示された。突然の訃報には芸能界からも悼む声が多く寄せられた。

引用:https://ja.m.wikipedia.org/wiki/大杉漣


死因の急性心不全については、とても詳しい内容が2月22日の「おくたま新聞」に記載されています。

急性心不全とは「心臓に器質的および/あるいは機能的異常が生じて急速に心ポンプ機能の代償機転が破綻し,心室拡張末期圧の上昇や主要臓器への灌流不全を来たし,それに基づく症状や徴候が急性に出現,あるいは悪化した病態」(急性心不全治療ガイドラインより引用)と定義されています。

 これは平たく言えば、「心臓が何らかの理由で急激に動かなくなり、循環状態に病的な影響を及ぼす」という状態。心臓は全身に血液を送るポンプの役割を果たしておりますが、そのポンプが故障したために全身に血液を循環させる事ができなくなる訳です。血液には体の機能を維持するための酸素や栄養素が含まれていますが、その血液が全身を循環できないという事は死に直結するのです。

 急性心不全治療ガイドラインによると、急性心不全は6つの病態に分けられます。原因がはっきりしない以上、大杉さんがどの病態に当てはまるのかは断定できませんが、何らかの原因により心ポンプ機能の急激な失調を示す「心源性ショック」の可能性があるように思います。

実は厚生労働省報告には、急性心不全という疾患分類はなく、未だ明確な実態や動向は明らかにされていないのが現状。急性心不全を起こす原因は、心疾患の三大危険因子と言われる「高血圧・糖尿病・高コレステロール血症や高脂血症などといった脂質代謝異常」から、「風邪などの感染症」、「アルコール」、「ストレス」など非常に多くのものが複合的に絡んでいます。
引用:
https://otakei.otakuma.net/archives/2018022203.html/amp

【スポンサードリンク】
元々不整脈が持病にある人が急性心不全を起こす事も多く、致死性不整脈が急性心不全の原因のひとつともなる事も多々あります。
この様に一つの疾患としての分類には急性心不全は位置づけられておらず、それ故か疫学的な調査も本格的にはあまり行われていない様です。

東京都監察医務院のHPによると、急性心臓死あるいは心臓発作の大半が虚血性心疾患と報告しています。虚血性心疾患では安静時や労作時など時を問わず突然意識をなくし倒れ、症状出現後1分以内に命を落とす事も。
引用:
https://otakei.otakuma.net/archives/2018022203.html/amp

大杉漣さんの場合は容体が悪化しても意識ははっきりしており、腹痛が起きて3、4時間後に亡くなったと報道されていますが、自覚症状が無い状態から急に容体が悪くなるなり死に至るのは非常に怖い事ですね。

原因もはっきりしておらず、突然死の中で最も多いなどとても恐ろしい症状ですが、定期的に健康診断を受けたり、普段からの運動や禁煙、できるだけ塩分を控えるなど、生活習慣を整える事である程度はリスクを減らす事ができるとの事です。

大杉漣さんの最後のブログのコメントはこちらですが、なんの変哲も無い日常を書き綴っています。

お早うございます!

トラ

こんな顔でぼくを見ます

ご飯にして欲しいのだと思います (*☻-☻*)

わかったよ!

引用:
https://zaccoe.exblog.jp/29579712/

特に何も闘病もしていない元気な人がある日突然亡くなる事があるという事を改めて気付かされましたが、生前とても積極的な活動をしていた方なだけにとても残念です。

生前収録したドラマや、ぐるナイなどのバラエティは放送されるとの事ですので、最後の笑顔の姿を見届けたいと思います。

大杉漣さんのあの世でのご冥福をお祈り致します。

最後までご覧いただきありがとうございました!

1 個のコメント

  • 私は長崎出身ですが、昔 被爆者手帳を持った人がよく「突然死」で亡くなっていました。
    病名はやはり「心不全」がほとんどでした。
    大杉さんには大変気の毒ですが、福島原発事故の放射能の影響があるのではと
    思ってしまいます。
    セシウム内部被ばくすると、筋肉に蓄積されます。心臓は筋肉のかたまりです。
    蓄積したセシウムの影響で、大量の活性酸素が発生するそうです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.